2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

伊江島

2017年1月14日 (土)

伊江島 工事の状況(17年1月12日)

 今回の伊江島報告のラスト。伊江島西端にある伊江島演習場の機能強化のための工事の状況を少々。

 1月11日は特に動きを観察できなかった。

12日。

Imgp8364_640x426
此処が演習場内の最西端。中に灯台があるという不思議。米軍トラックが通過。11時7分。

Imgp8369_640x426
フェンス際の草地を登る。此処は標高約40m。北に建築中の建物が見える。これが管制塔なのか? 着陸帯の標高は24mだから、建物の高さはどのくらいか。まだまだ未完成のようだ。11時23分。

Imgp8371_640x426
その左側(西)の道路も未整備。

Imgp8373_640x426

土砂が積まれたままだ。

Imgp8376_640x426
これこれ。奥に海が広がっている。

下の道からここ(撮影地点)の斜面の途中によりよい観察・撮影ポイントがあるようだ。地形図から判断すれば。今後、要観察。

Imgp8391_640x426

改めて示す。

F-35Bが米国から岩国基地に今日にでも到着する。

工事と新機種の配備による基地機能の強化に反対する。伊江島・辺野古・高江の基地群の強化を許さない。米軍は沖縄での訓練をやめろ。海兵隊は、沖縄から出て行くべし。

2017年1月13日 (金)

伊江島での米軍演習(17年01月11日)パラシュート降下など

 既報のとおり私は伊江島に17年1月11日と12日に訪ねた。特に前日の辺野古で、パラシュート降下訓練をやっていたとの報告をきいていたので、私の注目度は一気に上がっていた。

 目指すは米軍演習場(伊江島西端)。

Imgp8124_640x426

10時34分。西江上辺りで北側を飛ぶCH-130の低空飛行姿を認めた。

Imgp8129_640x426
10時50分。またきた。怪しいのだが、降下していないようだった。あれ?

Imgp8138_640x426

11時11分。確かこのC-130、4周目。パラシュート降下中。伊江島空港手前(東)で現認。はるか西側だ。遠い。

Imgp8142_640x426

11時17分。再度来た。後ろの扉が開いている。

Imgp8148_640x426
6回目か。再度降りた。2名。11時25分。伊江島飛行場脇で撮影。まだだいぶ西。多分演習場の奥(海上)から降下しているのだろう。

Imgp8152_640x426
11時25分。機体が右(東)に旋回する。

Imgp8156_640x426

11時25分。おりていく。どこに下りたのか。

11時30分過ぎ、大型機の着陸音が聞こえた。多分、演習場内の滑走路に降りたようだ。

山中原から西に急いで歩くと尾翼だけが見えた。農道を行く。木陰から見えた。暫く座って待機。低位置からでないと見えないのだ。

Imgp8212_640x426

たしかにフェンスから滑走路は近いようだ。KCー130が動きだした。12時11分。

Imgp8225_640x426

12時16分。離陸。海兵隊の065番機。KC-130.岩国所属の機体か。近すぎて画面から溢れた。

Imgp8234_640x426
12時16分。東へとびさった。戻ってこなかった。降下した隊員を回収して嘉手納に戻ったのだろう。

Imgp8237_640x426

12時16分、UH-1が離陸。

Imgp8249_640x426

12時21分 今度はオスプレイが着陸。中にいたのか。

Imgp8276_640x426

14時43分。AH-1が滑走路上を飛んだ居るようだ。

Imgp8284_640x426

15時19分。引き返してきたのか。

帰り際に島の南海上を飛ぶCH-53、1機も見たし、騒がしかった1日だった。ただ今日のところ、島の西端限定飛行であり、住民への影響は相対低いだろう。

ただし前日の降下訓練では、みごとに農地に降りてしまった兵隊がおり(沖縄タイムス17年1月11日の記事)危険極まりない。

伊江島で野鳥を楽しんだ(170111-12)

伊江島報告番外編。まずは伊江島で野鳥達を尋ねてみた。

伊江島は概ね平地。平原というか農地が主。そこにどんな野鳥がいるか。

まずはチョウゲンポウ。ハヤブサの仲間から。

Imgp8190_800x532
1月11日 11時56分。農地の上で。低空飛翔する。

Imgp8197_800x532

次の瞬間草むらに急降下。11時57分。

Imgp8204_800x532

よく見ると、ねずみをゲットしていた。11時58分。

こういうのを撮るのは高速シャッターで。1000分の1以上。

Imgp8287_800x532

道路沿いの電線にムクドリ(左)とホシムクドリ(2羽)。茶色に白の班が。15時34分。

1月12日西側演習場手前の直前の道で。

Imgp8318_640x426_2
猫が舌を出している。10時41分。

でみていると、路面すれすれに飛ぶリュウキュウツバメを発見。

Imgp8327_800x532
飛び方を観察して。直進してくるものを狙う。やみくもに撮っても完敗あるのみ。

地面にある黒いものを目印にして撮る。10時44分。

Imgp8339_800x532
するとハクセキレイが出てきた。

Imgp8342_800x532
10時42分。まだまだ。

Imgp8344_800x532
10時44分。待つに待つ。近づいてきた。

Imgp8351_800x532
10時54分。速い事速い事。黒猫の前を行くツバメ。

Imgp8355_800x532

10時56分。丸く弾丸の如し。

Imgp8360_800x532_2
速い早い!10時57分。

畑の上で。

Imgp8403_800x532

サシバ2羽。11時18分。

Imgp8405_800x532_2
サシバ2羽。11時18分。









伊江島を訪ねて(17年1月12日)

2日目。今日も撮影には不運な曇。今日は時計回りで歩く。

8時30分、コンビニで買い物後出発。

Imgp1330_640x426_2

牛舎。むしゃむしゃの牛さん。伊江島らしい光景。8時48分。

Imgp1338_640x426_2
アーニー・パイルの記念碑。彼は沖縄戦に従軍していた記者。日本軍の弾を受けて死亡。

彼は対独戦のノルマンディ上陸作戦にも従軍。

この公園で、当時7歳だったという男性が車から降りてきた。彼らは米軍に捕まり、収容所に入れられている。阿嘉島へ移動させられた。途中で船から突き落とされるとの噂が広がり怖かったらしい。

今の基地拡張の動きをどう捉えているかを訪ねたが、案外容認派だった。反対したらお金が入らなくなると。金か、金。

Imgp1341_640x426_2

道沿いに阿波根昌鴻さんのお墓。命どぅ宝の家作成の看板が付けられていた。昌鴻さんが生きていたらどんな思いで観ているのだろうか。先の彼は昌鴻さんを大規模土地所有者だと斜めに見ていた。根が深い偏見が振りまかれているのだろう。

Imgp1344_640x426_2

ズンズン西へ。キクの生産とタバコ。9時28分。

Imgp1346_640x426_2

これはタバコの畝。これから植えつけられる。伊江島には多い。

Imgp1354_640x426_3
サトウキビとタバコ。10時33分。

Imgp8363_640x426_2

演習場の南西部、外。菜の花をとっているのか。11時5分。

Imgp1357_640x426_2

菜の花とサトウキビ。伊江の春。今日は騒音聞こえてこない。

Imgp1361_640x426_2
坂をあぜ道を上がって。フェンスが見える。

畑道を行くと団結小屋。1950年代の土地闘争の往時をしのべる。

Imgp8391_640x426_2
遠くからは全貌が見える。

Imgp1362_640x426_2
近くからは点景が見える。豊かな土地への思いを共有したい。12時49分。

Imgp1372_426x640_2

団結小屋の隣。

Imgp1375_640x426_2
ベニイモ畑。林の中は演習場。

Imgp1379_800x532_2

再びシーサー。真謝区。東に向かう。

今日は演習はやられていないようだった。静か。

Imgp1382_800x532_2
路上に轢かれたハブ。哀れ。13時52分。

Imgp8448_640x426

伊江飛行場の先から東を見る。風車が2つ。グルグル回転しているのだが、タイミングが難しい。一本が真上だと、他の2本は斜めになり、家等に隠れてしまう。上に2本を出すと、天端がさがり、空とのバランスが難しい。何十枚と切った中から。

Imgp1385_640x426
西側から城山を眺める。タバコの植え付けの予定地。14時12分。

Imgp1391_640x426

東江付近。パパイアにタッチュー(城山)。

Imgp8455_640x426

木陰にメジロ。14時44分。人影が来たら、どこかに隠れてしまった。

Imgp8459_640x426

生垣。何の花か分からないがきれいだった。

川平から港へ。

Imgp1415_640x426
個人の庭にこんなものが。旧軍の武器弾薬。4連装の重機関銃か。15時28分。どなた様か存じ上げませんが、センスを疑う。

Imgp8468_640x426_2
コンビニの角。やっと撮った。反対と軍用地求む。ここに今の伊江島がよく出ている。旗は交通安全。悪しからず。15時30分。

16時の船に乗る。

Imgp8505_640x426

鹿児島から来る船と帰りも遭遇。16時12分。

また、行こう、伊江島。




















 

伊江島を訪ねた(17年1月11日)

2017年1月11日、12日伊江島を訪ねた。以下幾つかに分けて報告する。

Imgp1228_640x426_3

本部港から伊江島へ。伊江フェリー。9時19分。

Imgp1234_640x426_3

伊江港に入る。正面は城山。172m。9時26分。

荷物を宿に置いて出発。

Imgp1244_640x426_4
まずは記念撮影。ハイビスカス。

Imgp1247_640x426_2

伊江島でも沖縄戦で多数が亡くなられている。島外、県外を含めて4300名余り。現在の人口は4620名(16年12月末現在)。

Imgp1255_640x426_2

サトウキビ畑の奥(左)に米軍の通信施設。

Imgp8167_640x426_3

西に向かうと伊江島補助飛行場の北サイドに訓練施設ができている。11時40分。

この前後でパラシュート降下訓練を確認(別項)。

伊江島演習場のフェンスのそばを南西へ。

Imgp1262_640x426_2
フェンスの区域外も提供施設。13時3分。

Imgp1263_640x426_2

西に海に向かう斜面。菜の花畑は麗しいのだが、上方木の奥は演習場。ヘリの音が終始聞こえている。13時56分。

Imgp1272_640x426_2

サトウキビ畑。3mにもなる。今年は台風が少なかったが、風に耐えてきたサトウキビに敬意を表したい。14時11分。

Imgp1276_640x426_2

牧草地の下は海。牧草がロール状にまとめられていたが、この10分後にトラックでロールの牧草は搬出されていった。14時31分。

今日を見ている限り、演習場内の工事は行なわれていないようだ。今日は米軍の演習が優先なのかも。

Imgp1282_640x426_2

此処はカボチャが植えつけられている。

Imgp1299_640x426_2
カボチャの花。ここはビニールなし。実っているのもある。

西崎地区に入る。南側の道を東に戻る。

Imgp1309_640x426_2
シーサー。

Imgp1323_640x426

17時30分。無事に港にもどったら船が着いたところ。歓迎やよろしくのエールが交わされていた。賑わいを感じた。

○島の面積は22.77km2。周囲23キロ。小さな島だ。

○島の様子は12日の分と合わせてみてください。