2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

マイブログ

2017年1月28日 (土)

「ヤマヒデの沖縄便り」の終了と再生。感謝。

○新しいブログに移行しました(17年2月8日)。「ヤマヒデの沖縄便り-Ⅱ」です。

http://poyamahide.cocolog-nifty.com/blog/

 14年6月から開始した「ヤマヒデの沖縄便り」はこれをもちまして、終了します。単純にブログの容量を超えそうだからです。ありがとうございました。なお、今後もこれまでのブログを見ることはできますし、これを引き継ぐ形で、新たなブログを立ち上げます。暫くお待ちください。

2017年1月18日 (水)

重要なお知らせ-一部記事を削除します。

 このブログの容量が一杯に近づいてきました。このため、行事案内や賞味期限がきれたものは随時削除していきます。ご承知ください。

 またカテゴロリーを一部追加しています。こちらも随時行ないますので、時々ご確認ください。

 

2016年10月15日 (土)

補足ー161014の記事

昨日の辺野古の記事中、私の手違いで、パソコンにアップし忘れたものがありました。写真3枚を追加しました。改めてご覧ください。お手を取らせて申しわけありませんでした。

●以下の記事です

http://photoyamahide.cocolog-nifty.com/yamahideblog/2016/10/16101-6880.html

2016年6月 1日 (水)

マイブログ「ヤマヒデの沖縄だより」2周年に向けて

マイブログ2周年、ここからの飛躍(16年6月1日)

 沖縄に来て3年目。まだまだ駆け出しだ。他方で89年から「基地の島沖縄」を撮るということで沖縄との縁ができて27年が経つ。来て3年になろうとしているが、こなければ気がつかないことがたくさんあったし、まだまだあるだろう。

 このブログは極めて断片的な情報しか発信できていないし、極私的な問題意識に偏っている。そこはご了解いただきたい。できないものはできないのだから。また無理無理やっても、続かない。

 ご承知の通り私の問題意識は自然に対することから始まっている。だから今でも「自然写真・報道写真」の順番でプロフィールを書いている。ここから50年ほどの年月が経ち、政治から軍事に行き着き、結果的に沖縄に辿りついてしまった。私は後悔などしていない。しかしストレスは予想以上のものがある。これだけ多くの仲間たちがいるのに、それでもきついのだ。

 このブログも多くの人々に支えられ書き続けているが、今後の課題はいかにして読者を増やし、営業につなげていくのか、ここが第一の課題だ。どなた様かの御託議にあるような辺野古に行っても1円ももらえないのだ。どなた様か…!

 そのためには書くための考える時間を捻出できなければ、まとまった考えがでてくるはずもない。名護は都会と違って、サテンが近くにないし、まともな本屋もない。図書館も遠い。現場が近すぎる。しかし名護だから出きる方法を編み出さないとダメだ。

 私のこのブログにかける意義は、現場からの発信であり、各人・各地を繋ぐ一点になりたいと思っている。しかし追いかけるべき場所、課題は多く、やればやるほど悪戦苦闘するしかない。頭の整理が追いつかない。やるしかないのだが。

 それでも色々と教えていただいたり、支えていただいたり。あるときなど誰それの本、ないですかと言ったら翌日もって来ていただいた。辺野古・大浦湾を潜ってよといったら、4月に潜ったと返事が来た。彼の通信に報告書くからと。東京では度々私の報告会をやっていただいている世田谷市民運動いちの皆様など、感謝感激だ。ひとりじゃ何もできない。

 第2の課題は、沖縄と日米政府の対立が深まっていることにどうしていくかだ。7月の参議院選挙の結果如何では一挙に改憲が私たちを襲う。これに私たちはたじろいではいられない。絶対に阻止しなければ、俺達に明日はない。私の発信は現場で、ブログで、報告会で、パネル展示などで行なっていく。ここまでくると政治勢力との共闘が必要な一方で、今まで政治なんか知らんという人に届けなければ、広がらない。これも確かなことだ。自然も文化も歴史も、このためにも重要なのだ。

 このときに重要な呼びかけは、「生きようよ」ということだ。私は11年の大震災の後、12年のカレンダーを制作・販売した。テーマは『生きようよ』だった。売れ残ってしまい、収益にならなかったのが残念だった。政治は再び国家に命を捧げよの時代に戻りつつある。まだまだソフトだが。死ねの時代に「生きようよ」と呼びかけることが、時代の転換を促すはずだ。

  因みに私が生物を撮っているのも生きる輪廻を考えたいからだ。人間だけが生きているんじゃないし、人間が偉いのでもない。この地球をぶっ壊しているのは誰なんだ。根源的なテーマが身近にあるのだ。ということで問題は尽きないが、今後も頑張ります。また色々とお手伝いをお願いいたします。ご一緒にがんばりましょう。

2016年3月 5日 (土)

新たにリンクを張った-武器輸出反対ネットワーク

 武器輸出反対ネットワークができたことは聞いていましたが、これまでフォローしていませんでした。

 これは今後の日本・世界を占う上で重要な問題です。同会の許可をいただいて当ブログにリンクを張らせていただきました。

 沖縄に軍事産業は殆どありませんが、基地に関わっている土建屋さんは、軍事産業というべきでしょう。沖縄は演習場が多く、それこそ武器を消費する場です。そこから何が見えるのか、検討したいです。また米日共同作戦が強化される動きの中ですし、共同演習が常態化する中で、もっと注目すべき問題です。

 ご注目ください。

2016年1月22日 (金)

「あぶれたり、きづいたり」先ほど補足しました

昨夜、もう頭が回らず途中のままあげてしまった「あぶれたり、きづいたり」にてをいれました。書き直したので、ご覧ください。(1月22日6時40分)

2015年12月17日 (木)

おことわり

 ここのところ写真を添付していません。申し訳ありません。これはカメラが故障したためではありません。ちょいとシステムの入れ替えをするために、あえて外しています。来週初めからバッチリいきますので、どうかよろしくおねがいいたします。

 

2015年11月19日 (木)

ありがとうございます

 先日、ヘリ基地反対協議会へのカンパを御願いいたしましたところ、拡散もいただき、同会会計係より、カンパが明らかに増えていると、うかがいました。

 カンパをいただいた皆様に、心から感謝申し上げます。

 そこへもってきて、I さんへの海保の暴力について、多くの方々がツイッター(130ツイートー15年11月19日17時現在)で、フェイスブックで広げていただいています。どんどんひろがっています。またメールやコメントが届いています。ありがとうございます。後ほど紹介します。

 私はまだ本人には会えていませんが、後ほどこの件を報告しておきます。また今日の沖縄タイムスと琉球新報は、写真入で大きく報道してくれています(動画つき)。

 因みに私も現場の動画や写真のマスコミへの提供に、少し協力しています。今回は自分が乗っていなかったので、間接的な協力ですが。こういうことがあると、カメラでのチェックがどれだけ抑止力になるかと思います。今回は4隻の船がばらばらの位置にあって、相互に補いあうことができなかったことが、反省点のひとつですが、かといって作業が各所で行われていると、此方が固まっていることもできず、どうしたものかと悩ましいです。安全第一なのですが。

 これからもどうぞ皆様のご協力、ご関心をよろしく御願いいたします。私達はこれからもくじけずに、あきらめずにがんばります。

2015年9月23日 (水)

19/20日の件では、普段の倍以上の反響がありました

 19日、20日の辺野古ゲート前の右翼の襲撃の件は、普段の倍以上の反響がありました。戦争法が強行採決のタイミングですから、多くの皆さんがぎょっとして、怒るのは当然のことです。

 なかには某高校の職場(労働組合)新聞に使わせてとの事前の申し入れもありました。

 ただし私のブログ(写真・記事)の無断転載はおことわりしています。必ずお守りください。またツイッターやフェイスブック等への転載も事前に教えてくださいね。

 写真・記事の転載は原則有料です。よろしく御願いいたします。

2015年8月31日 (月)

「ゲート前のウンケー」に多くの反響をいただきました

 先日書いた「ゲート前のウンケー ―思いを抱きしめ、怒りをかみ締め」が155ものリツィートをいただき(15年8月31日1時15分現在)、350件余りもの多きに渡って、ご覧いただいています。真にありがとうございます。

 この数字は私のブログの中では記録的な数字になっていると思います。メールでお知らせした分、通常よりも広く読まれることがあるわけですが、それにしても何故?でしょうか。

 いや、予想以上の反響なんで、不思議だなと思っているだけですが。