2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 今日は、旧正月で、名護のサクラ祭り、私は(17年1月28日) | トップページ | ウォルデン・ベロ-さん横浜講演会 »

2017年1月28日 (土)

個人で現場を確かめたくてと来られた人たち(17年1月27日)

 昨日17年1月27日の辺野古テント村は、団体で来られた方で賑わった一方、個人でこられ方も目立ちました。

 まず、宮城県からこられた60代過ぎの男性。「案外静かなんですね」との第一声に、こちらはきょとんとし、正直、何が言いたいのかと疑いました。そりゃ、うるさいか、静かなのかは状況次第です。何もいつもワーワーしているわけじゃない。米軍の演習音がうるさいのか、右翼がうるさいのか、機動隊と遣り合っているのがうるさいのか、いろいろありますが、此処は本来静かな海辺です。

 現状を確認したければ、ぜひとも澄んだ目をしておいでいただきたいものです。議論したら理屈をならべておられましたが、悪い視点ではありませんでした。ただ現状から学ぶ姿勢がより重要ではないでしょうか。そこと、重要な論点を重ねて考えないと頭でっかちになりすぎます。大変失礼ながら、議論はしても何も動かないでは困ります。

 また70代の大阪から来た男性。一度現場を見たかったと。色々と熱心に聞いてくださいました。彼はご自身の沖縄ノートを作っておられ、新聞の切抜きやメモを書かれて居ました。なかなかよくわからなくてと。現場から学ぶ真摯な気持ちが滲み出ていました。こういう方には、(相手が許せば)いくらでもお話したくなります。もっとも夢中で話していると、暑さや疲れから無理を強いることもあるので、相手の体調を慮りながらやらないと、かえってご迷惑をおかけすることもあり、その度に反省。

 20代から30代ほどの東京からきた女性二人。熱心に聞いてくださいました。私はこの国が沖縄に何故これほど基地を押し付け続けているのかを、比較的丁寧に1時間ほどお話しました。現場を見せながら、地図を示しながら、写真を示しながら。一つ一つ合点してもらえたと思います。

 浜のフェンスで撮影していると、同年代ほどの女性がひとり。東京からだと言われていましたが、一度来て現場を見たかったとしみじみ。30分ほどの立ち話。3.11以降、問題に気付いたと。マスコミの報道やインターネットをみてもよく分からなくてと来たようです。水陸両用装甲車が丁度浜でやっていましたので、こちらの説明や、東京の問題など。彼女曰く、なかなか自分の主張が友達にも通らない気配が強いと。「沖縄は基地で食べているのでしょう」などと。だから沖縄に基地群を置いといたら安心というのでしょう。この差別の構造。この知らん振りが東京の、日本の現状をよく現しています。遠い異邦の話だと考え、自分はさわらない、煙たがる。こういう人たちに、まずは現実を知ってもらうことが重要でしょう。お会いした彼女には、やや中途半端に終わって申し訳なかったですが、些細な会話が動き始めるきっかけになればと願います。

 団体で来ていた30代の女性。団体の全体の集会や船での海案内を終えてきたのですが、よりつっこんで聞きたい、合点していく積極性をおおいに買いたい。積極的だと思えば、こちらもよりきちんと対応するように努めています。

 那覇から来た70代の男性は他の方に、軍隊は住民を守らない、米軍は住民を守らないから、新基地は造らせないと、念をおしていました。これは安保を支持するか否かとは異なる問題だと。 

 刺激に満ちた一日でした。

« 今日は、旧正月で、名護のサクラ祭り、私は(17年1月28日) | トップページ | ウォルデン・ベロ-さん横浜講演会 »

対話の中から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/69399766

この記事へのトラックバック一覧です: 個人で現場を確かめたくてと来られた人たち(17年1月27日):

« 今日は、旧正月で、名護のサクラ祭り、私は(17年1月28日) | トップページ | ウォルデン・ベロ-さん横浜講演会 »