2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 宮古島の千代田・野原(のばる)地区を歩く。 | トップページ

2017年1月28日 (土)

「ヤマヒデの沖縄便り」の終了と再生。感謝。

○新しいブログに移行しました(17年2月8日)。「ヤマヒデの沖縄便り-Ⅱ」です。

http://poyamahide.cocolog-nifty.com/blog/

 14年6月から開始した「ヤマヒデの沖縄便り」はこれをもちまして、終了します。単純にブログの容量を超えそうだからです。ありがとうございました。なお、今後もこれまでのブログを見ることはできますし、これを引き継ぐ形で、新たなブログを立ち上げます。暫くお待ちください。

« 宮古島の千代田・野原(のばる)地区を歩く。 | トップページ

マイブログ」カテゴリの記事

コメント

「お気に入り」に登録して、その都度読んでいました。貴重な記録です。ありがとうございます。引き続きどうぞよろしく。

本当にありがとうございました。いよいよ困難な時代を迎えています。引き続き頑張ります。

こちらこそ感謝です。
しばらくの休止・・・再開を待っています。
辺野古テントや海上での様子、博学な鳥や植物に関する情報、そして宮古島への取材等々、時にはヤマヒデさんの思考をたどり、時には貴重な現地リポートとして読ませてもらっています。
いつか、写真展とトークをお願いできたら・・・と思いつつも、微力にしてなかなかかないません。
新しい「ヤマヒデの沖縄便り」でも、勝手に繫がっていきますね。
富山より

 富山にも読んでいてくださる方がいたんですね。ありがとうございます。富山といえば、若かりし頃、立山や後立山、剣岳など何度か行きました。懐かしい場所のひとつです。
 沖縄は暖かい、特に去年から今年にかけて。しかしこの国の沖縄に対する冷たさは何でしょうか?日本の皆さんの一知半解な「常識」を覆すことが重要だということでしょう。
  2月1日、2日と静岡県で講演します。今日は長野県の方から依頼を受けました。ぜひとも富山の皆さんからもいただけると嬉しいです。

 雪の中での暮らし、お気をつけて。ブログの再開まで暫くお待ちください。

あー、びっくりした。この便りがなくては、沖縄の様子がわかりません。再開を楽しみとします。ヤマヒデさんや皆様がどう頑張っているかに直に触れてきた思いをしていましたから。

本当にありがとうございます。皆様方の励ましがあったからこそ、書き続けることができました。焦らずにとのご忠告(ご配慮)もいただきました。であれば、いささか企画を練りながら再開したいと思っています。いずれにしても静岡・東京から帰った5日以降、数日後になろうかと思います。
 
 今日の沖縄タイムスの「唐獅子」欄に涼子さんが「元日の大浦湾」を投稿されています。
 
 (前略)「沖縄の現状を考えると、どうしても辺野古の浜に昇る太陽に『平和』を誓いたかった」(中略)「様々に表現されてきた沖縄の海の青さと空の青さ。もっともっと何万回でも、より多くの人が、今こそ誇っていいだろう。私たち沖縄の宝、平和の土台を。昔話でなく、現在形のままで」。
 グラスボートでアオサンゴやハマサンゴの自然の妙も堪能してくださったようだ。私はこの文を読んで、涙が出た。このような、基地建設を許さぬ人人の思いを、私も微力ながら刻んでいきたい。

いつも貴重な報告を、写真とともに送ってくださってありがとうございます。
次のブログをお待ち申し上げます。

ありがとうございます。最後になって皆様から、コメントが続出。嬉しゅうございます。思えば14年6月から始めて、2年と7ヶ月。当初は文字だけからコンパクトデジカメになり、そしてデジカメ一眼に。時代の趨勢とはいえ、此処まできてしまった。
しかし読者はなかなか増えていない。沖縄に関する関心が増えていないからなのか、私のつくりが関心を生まないからなのか。私は事件記者風なのは嫌いなのだ。バンバンとクローズアップしておもしろおかしくするセンセーショナリズム。闘いにヒーロー、ヒロインはいらないのだ。そんなものはクソくらえだ(また下品と揶揄されるか)。
 ということで、これからもよろしく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/69405039

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤマヒデの沖縄便り」の終了と再生。感謝。:

« 宮古島の千代田・野原(のばる)地区を歩く。 | トップページ