2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« この海は何時見ても素敵だな(17年1月8日) | トップページ | 今日は現場を休む-自由か隷属か(17年1月9日) »

2017年1月 9日 (月)

「肉球新党」には驚かされた(17年1月8日)

 先ほども書いたが、今日(17年1月8日)肉球新党なる面々が辺野古テントにも来られた。私は、ツイッター等で名称ぐらいを知っていたのだが、彼らが制作したリーフレットやポスターをみると、何だか唸らされてしまった。

 先ほど彼らのホームページをチェック。

○https://pawpadsnewparty.jimdo.com

ツイッターもみた。こちらは、ごちゃごちゃしているが「肉球新党」は猫も原発に反対から始まったらしい。たしかに。そのとおりだ。原発はすべての生物と敵対的なものだから。基地はやはり猫にも敵対的だろう。

 72年前の戦争では動物園の動物たちが殺された。ベトナム戦争ではジェノサイドの中でどれだけの動植物が殺されたのだろうか。動くものは皆殺しだし、枯葉剤での殺戮は残忍を極めた。

 政治というと拒否感があるひとが、猫から入れば、最初の偏見を乗越えやすいだろう。これは思いついた者勝ちだろう。発想の柔軟さに敬意を表したい。

 もっとも私は猫派でも犬派でもない。どちらも撮りますが。どちらかといえば、馬派であり、牛派。あるいは鳥派。

 与那国島では南牧場が自衛隊の基地になってしまった。牛は追放され、馬も端に追い出された。このまま石垣島や宮古島に基地ができれば、まちがいなく牛や馬の生活を脅かす。野鳥たちだって、無関係ではない。

 私も野鳥新党でもたちあげたいものだ。これは夢か希望か。

 皆さんも、「肉球新党」の動向にご注目ください。

 

« この海は何時見ても素敵だな(17年1月8日) | トップページ | 今日は現場を休む-自由か隷属か(17年1月9日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/69171254

この記事へのトラックバック一覧です: 「肉球新党」には驚かされた(17年1月8日):

« この海は何時見ても素敵だな(17年1月8日) | トップページ | 今日は現場を休む-自由か隷属か(17年1月9日) »