2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« オスプレイ 竜部隊 8027番機が墜落(16年12月14日) | トップページ | オスプレイ墜落現場に抗議(16年12月15日) »

2016年12月15日 (木)

悔しいね、悔しい。へばっていられない!

 何故この事故が「不時着」なのか?!完全に大破しているじゃないか。飛行が制御されていたならば、こんな落ち方はしない、こんな岩場に落ちない。たまたま死者が出なかったらしいので、「不時着」と強弁したのだろうが、今一番困っているのは、日本政府でなくて米軍だろう。

 何故か。証拠隠滅したくても機体等を簡単に回収できないからだ。海岸の岩場だから、クレーンを現場に入れることができない。浅瀬だから作業船を近づけることもできない。ヘリでもちあげるのも、容易にいかない。自業自得とはいえ、お疲れ様だ。

 私達は今日も墜落現場に出た。抗議もした。オスプレイをアメリカに持って帰れと、私も怒鳴った。

 しかしこの沖縄の海に米軍が出張っており、盛んに牽制をしかけてきた。まさに米軍は治外法権の如く振舞う。米軍は昨日も今日も汀間漁港に消防車等を入れている。名護漁協に、名護市長にことわりをいれたのか。何故安部の集落に出張っているのか。

 悲しいのは沖縄県警の姿だ。米軍の言いなりで、米軍のやりたい放題をサポートしており、規制線を張っている。

 全国のマスコミもどれだけこの事故を報じているのか。NHKは「着水」報道だし、今日は陸の工事が再開されましただろう。

 マスコミは、空中給油の失敗だとの説が流れていたり、4軍調整官は「県民や住宅に被害が出なかったのは、感謝されるべきだ」と公言したことを、どう考えるのか?

 空中給油の失敗だというならば、通常どのような空路で、高度でやっているのかを検証すれば、今回の事故の概要を掴めるはずだ。

 軍トップの発言は、余りにもお粗末だろう。開き直りだけで、部下の命が助かればいいのか。不真面目すぎる。

 沖縄でおきた事件事故のことを知らん振りする体質は、至急是正しなければならない。「不時着」だというデタラメを許していいのか?事実を事実として追及する基本をもたなければならない。これは沖縄だけの問題じゃない。一人ひとりの問題なのだ。

 私は2日間、海に出て、ブログに書いたら、寝不足でへばっている。この悔しさを忘れずに、オスプレイパッドの建設・強化やオスプレイの飛行を許さず、新基地建設を阻みたい。

 この年末から来る17年が最大の山場になるだろう。がんばろう。

 なおこの事故の私のリポートを「リムピース」さんがあげてくださった。どんどん見て、事実を確認して問題を広げて欲しい。

« オスプレイ 竜部隊 8027番機が墜落(16年12月14日) | トップページ | オスプレイ墜落現場に抗議(16年12月15日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございます。
堕落を不時着。戦争を防衛。権力の都合のよい言葉に置きかえて。騙そうとしています。
沖縄を米国は今だに植民地と思っているのですね。煮えくりかえる思いです。
権利は自分たちで勝ち取る事だと思います。奴隷根性が植え付けられて、そんな事言って大丈夫なんて言われる事がありますが。いいかげん目を覚ませと言いたいです。逮捕も。逮捕される方が悪いのではなく、逮捕する方が悪いのです。いずれ歴史が証明すると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/68855081

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しいね、悔しい。へばっていられない!:

« オスプレイ 竜部隊 8027番機が墜落(16年12月14日) | トップページ | オスプレイ墜落現場に抗議(16年12月15日) »