2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« イトバショウと実バショウ、野菜パパイアとフルーツパパイア、 | トップページ | 8月25日をめぐる弾圧の拡大について »

2016年11月22日 (火)

与那国島をあとにして(16年11月6日)-簡単なまとめ

 今回の与那国は16年11月3日から6日であり、実質4,5の2日間。なかなか体力的にハードでした。自衛隊の動きは思いのほか静か。鳴りを潜めている。この裏に何があるのかは、今後の調査にまたなければならない。ただ私が2012年10月にみてきた稚内の沿岸監視隊(第301沿岸監視隊)も静かだった。レーダー基地が目立ってどうする。

 本件の場合、国・防衛省が島民をいかに取り込むのかが、要諦だろう。反対や疑問の声を沈静化させる技がでてくるだろう。また本件の場合、盾と槍の問題がある。いくら盾を用意しても、槍を備えなるまでは、ほどほどにしないと、いかんともしがたい。その意味で宮古・石垣・奄美大島、そして辺野古に新基地建設を急ぐだろう。そうはさせない私たちの闘いがいよいよ正念場を迎えているだろう。

 またこなければならないようだ。特に島の人人を励ましていかなければならない。あの人たちを孤立させないことが飛び切り重要だ。

 Imgp7554_1280x851
久部良から飛行場に向けて歩いた。朝のすがすがしさ。7時18分。久部良岳。

Imgp7555_1280x851

暗雲立ち込める朝。7時19分。しかし途中で見知らぬおじさんが車に乗せてくれたのだ。最後は楽チンさせていただいた。感謝。

Imgp7565_1280x851

飛行場に張られていた掲示物。外来生物の侵入阻止。辺野古では国をあげての大車輪。

Imgp7569_1280x851

16年4月から導入されたDHC-8-400.客室50名と荷物室の拡大。2500キロ。

Imgp7573_1280x851
飛び立った。東崎。馬たちが懐かしい。朝日が素晴らしい場所なのだ。

« イトバショウと実バショウ、野菜パパイアとフルーツパパイア、 | トップページ | 8月25日をめぐる弾圧の拡大について »

与那国島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島をあとにして(16年11月6日)-簡単なまとめ:

« イトバショウと実バショウ、野菜パパイアとフルーツパパイア、 | トップページ | 8月25日をめぐる弾圧の拡大について »