2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« あれはどこにいったのだろう? | トップページ | 沖縄も不意に冬になってきました(16年11月25日) »

2016年11月24日 (木)

昼すぎから資料の読み込みで、疲れた(16年11月24日)

 本日は11月26日の準備で現場を休み、午前中、資料を探し出し、昼から資料の読み込み。新しい「防衛白書」(2016年度版)のなかから特に関連事項を読み直した。疲れました。2015年度版ガイドライン(防衛指針)も読んだ。主に中国を仮想敵にして書かれているのだろうが、あな恐ろしや。概要だから、これだけ読んでも穴だらけにしか思えない。が、軍事こそクソリアルなものはないわけで、こうした文書の背後に隠されている軍事機密(国家機密)をあぶりださないかぎり、実像は見えてこない。それでも抽象的言葉の影からウーム、ウームと唸らざるを得ない事態が想定できる。

 当日までにどこまで頭の中に整理し、併せて与那国島・石垣島・宮古島等の現実を描き出しながら、「島嶼奪還作戦」なるものが如何なる事態を生み出していくのか、このへんに迫りたい。ご来場をお待ちしています。

 東京は雪が降ったとか。本当か?と思うがどうもそうらしい。今日も地震が度々起きているらしい。地震も怖い。今回の津波でもやはり被害がでている。カキの養殖などの施設がだいぶ破壊されたらしい。漁船も転覆している。人間は自然災害すら防げないのに、わざわざ人災である戦争まで起こすのか。学習能力がなさ過ぎるだろう。

 私がいつも観察しているツノメガニですら、同種間では、儀式的にハサミをぶつけあうだけだ。他種に対してはなかなか獰猛だが。これは生物の宿命だろう。自分の命を維持するためには他の命を頂戴せざるをえないからだ。ツノメガニはミナミコメツキガニも食べるが、逆にカラスやマングースに狙われている。人間がやっている戦争は、自分が人類が生き延びるためではない。誰かさんの贅沢のためであり、誰かさんが儲けるためだ。

 生物には個と類の問題があるが、人間は個の方向に進歩してきたはずだ。しかし、自立できずに長いものに巻かれてしまう傾向を否めないのが現状だ。これが今世界中でナショナリズムのベクトルに流れている。

 人間以外の生物は類としての生存に懸けているのだが、人間はそこからも外れてしまった。原発であれ、戦争であれ、多くの化学物質であれ、自滅の素を作り出し、「進歩」という人がいるようだ。これほどアホな生物は他にいないだろう。一知半解な「万物の霊長」を速やかに克服したいものだ。私は無理だと諦めたくない。 

« あれはどこにいったのだろう? | トップページ | 沖縄も不意に冬になってきました(16年11月25日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/68567288

この記事へのトラックバック一覧です: 昼すぎから資料の読み込みで、疲れた(16年11月24日):

« あれはどこにいったのだろう? | トップページ | 沖縄も不意に冬になってきました(16年11月25日) »