2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 沖縄でも上告審にむけた抗議行動へ(16年11月21日) | トップページ | 与那国島が変わりつつある(基地がらみの動き) »

2016年11月19日 (土)

与那国島の陸自基地の現況(16年11月5日)Ⅱインビ岳方面

2016年11月5日、私は与那国島を徒歩で3分の2周した。約20キロ、11時間かかった。撮影には晴れていたのが幸いしたが、暑くてたまらないことはなかった。本稿では基地の現況のⅡとしてインビ岳方面のアンテナ群を報告する。

 アンテナ群は島の中央よりやや東側の南部にあるインビ岳(164m)の中腹にできた。今回のコースは祖納からアヤミハビル館、宇良部岳(231m)東側、県道に出て林道からインビ岳に向かった。

Imgp7510_1280x851
ここはインビ岳東側の休憩所だ。15時57分。近くにあるはずのアンテナ群が見えない。インビ岳(左奥)に隠れているようだ。逆に言えば、インビ岳、宇良部岳方面(東側)はレーダーの死角になっているのだ。いやストレートな電波よりも空中を拡散してくるような電波を拾っているから問題がないのかもしれないが、スッキリしないはっきりはわからない。

Imgp7520_1280x851

林道沿い東側から。5本のアンテナがほぼまっすぐな位置。

Imgp4618_1280x851

間近な場所から。16時14分。

Imgp7522_1280x851
フェンス脇から。監視カメラが倒れ掛かっている。

Imgp7525_1280x851

真横から。右は電源を引いている電柱。16時29分。

Imgp7527_1280x851

やや左側(下)から。

Imgp7530_1280x851

アンテナ群の真下に設置された貯水槽?

Imgp4624_1280x851

制御室の排気塔。冷風機が回っている。要するにレーダーは動いている。

Imgp4631_1280x851

林道と県道合流点(西側)から。16時39分。ここは無人らしい。これだけじっくり撮影したが、誰も出てこない。兵隊は不在なのか。

Imgp7535_1280x851
県道合流点。下の舗装は本復旧が終わっている。マンホールは防衛省所管の光通信網。久部良のアンテナからつながっている。16時42分。

Imgp7536_1280x851

前の写真と同じ場所だが、比川方面。2車線とも本復旧されている。

Imgp4647_1280x851
18時12分。かなり暗くなっていた。比川から久部良の途中で、インビ岳方面に疾走していった軽装甲機動車。何しに行ったのだろう。不思議だと思っていたが、もしかすると夜間のみ有人警備なのかもしれない。要確認。

Imgp4652_1280x851_2

久部良のアンテナ。18時22分でたっぷりと暗くなってきたのだが、夜間照明灯がついていない。違法でないか、要確認。

Imgp4657_1280x851

久部良側からインビ岳を望む。夜間照明はついている。因みに久部良のアンテナからインビ岳のアンテナまで直線距離でほぼ4000m。








« 沖縄でも上告審にむけた抗議行動へ(16年11月21日) | トップページ | 与那国島が変わりつつある(基地がらみの動き) »

与那国島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島の陸自基地の現況(16年11月5日)Ⅱインビ岳方面:

« 沖縄でも上告審にむけた抗議行動へ(16年11月21日) | トップページ | 与那国島が変わりつつある(基地がらみの動き) »