2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 普天間基地に着陸する対地戦闘攻撃機(FA-18) | トップページ | 与那国沿岸監視隊新編(16年3月28日)から »

2016年10月23日 (日)

昨日は53日ぶりに高江に行けた(16年10月23日)

 昨日、漸く高江に行くことができた。53日ぶりだ。詳細はあとになるが、8月21日の東京での弾圧後、首筋が痛くなり(これは持病的なものがあったうえに公安警察に引き倒されて引きずられた衝撃を受けて)、吐き気がして、車に乗ることを自重していたから。何度かのお試しで、レンタカーに乗ったり、バスの旅をやったりして、よし大丈夫になってからの復帰。右ひじも水がたまっていたのがほぼ引いた。やっと(2ヶ月)のことだ。あと体力の回復は、徐々に努力するしかない。

 昨日は朝方、高江の共同売店前で、なんと辺野古の常連来訪メンバーのTさんがきており、私のブログの大ファンだという方が来ていた。N1ゲート前まで連れて行っていただいた。感謝。

 機動隊による規制もなく、ゲート前に250名の仲間が早朝から15時まで座り込んだ。完全に土砂搬入を阻止。宜野湾から「土人」発言を許せなくって来ましたという女性がいた。そうだよね。本当にそうだ。県議会でも抗議決議を準備していると聞いた。怒るというが、ただの怒りじゃ収まらない。何処に向けたらいいのか、どこから批判するのかをきちんと見定めたい。

 関連して今自分が考えていることが、3つある。①60年代後半から70年代にかけての烈しい反権力闘争の時代でも、機動隊員からこんな発言が公然と行われることはなかった。陰口は知らないが。今回の発言は、明らかに時代を画するものだ。

②「大日本帝国」の侵略と差別の歴史を反省せず、ごまかし、居直ってきた政権と、其れを支えてきた世論。表向き封印されていた差別語が再び公然たる場に顔を出してきたのだろう。

差別が人を殺してきた歴史を私は忘れてはならないと考える。差別が人を殺し、戦争に熱気を吹き込む。

バカな人間様におさらばできていないという、2016年の沖縄と大阪、そして日本。沖縄に押しかけてきたのは、この国の機動隊だよ。沖縄の土地を奪ったのは、米国政権であり、それに同意してきた日本国政権だ。

③私の父親は、民主主義者だったが、間違いなく差別主義者だった。この問題で、どれほど私は父とけんかしてきたか。やはり幼少期から刷り込まれた朝鮮人らに対する差別・侮蔑の感情は、体内に染み込んでおり、頭での整理だけでは、いかんともしがたいものがあったようだ。人間が自由に生きるということは、想像以上に難しいのだ。

 人間は何人もない。同じ人間なのに、言葉が違い、文化が違う。言葉・文化のルーツを探る反面、違う言葉・文化に様々なものが混入していることを忘れがちだ。日本語・日本文化に朝鮮の、中国の言葉や文化がどれだけ染み込んでいるか。

 そこに「土人」だ。宇宙人ならば「ホモ・サピエンス」でないだろうから、何?というのも分からないではない。未開の「土人」だといいたかったのだろうが、コミュニケーション能力がないから、こうはき捨てるしかなかったのだろう。こう発した彼の頭の中では、ある意味では言葉などどうでもいいのだろう。訳のわからないお前等を切り捨てたいという、感情だけが言動を支配しているようだ。

沖縄は自覚的なチャンプルー(まぜこぜ)文化だ。もっともっとチャンプルーしてもいいはず。しかし「土人」というくくり方は、ありもしない「人種」「民族」?を想定したものであり、はき捨てるためだけにあるようだ。

 この国の政権は法治主義を捨てているから、由々しき事態だ。政権トップから末端の警察官まで一緒の頭の構造。差別が堂々と罷り通るのか。

 沖縄が抱え込まされている課題の大きさに私はたじろぐ。たじろぐが、引けない。哀しみを若い世代に引き渡したくない。

 今私達は恐ろしい時代に立ち至ったからこそ、冷静に歴史と向き合い、何よりも生の人間と向き合わなければならない。

« 普天間基地に着陸する対地戦闘攻撃機(FA-18) | トップページ | 与那国沿岸監視隊新編(16年3月28日)から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/68074388

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は53日ぶりに高江に行けた(16年10月23日):

« 普天間基地に着陸する対地戦闘攻撃機(FA-18) | トップページ | 与那国沿岸監視隊新編(16年3月28日)から »