2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« お金で買収、お金で分断、あぁ! | トップページ | 晴れ間の中の雨をどう読むか?(16年10月9日) »

2016年10月 9日 (日)

沖縄に越してきて、今日で丸3年(16年10月9日)

 今日で、沖縄に居を移して丸3年が経った。明日は3年と1日。早いのだか遅いのか分からないが、辺野古テント村の皆様をはじめ、少なくない皆様の激励があったからこその3年だった。改めて皆様に感謝申し上げる。

 毎日あたふたとしながら、成果らしい成果をあげられないままにきてしまった。だが、特に動じることもなく、体調は快調とはいかないが、ひとまず日々の暮らしはなんとかなっている。経済的には厳しさを増しており、収入の増加を図る手立てを考えざるをえないが。

 今後は3年経ったので、余り周囲に遠慮せずに、自分がやれることをやっていきたい。しかし状況は厳しさをましている。この国は、沖縄を捨石にしながら、再び戦争をする国に向かっており、其れをこの国の過半の人々が支持しているのが現状だ。人々は反省する力、自力で考える力を失っており、依然として、経済力を求め、だからこそ軍事力信仰にすがりつこうとしているようだ。嘆かわしいばかりだ。

 しかし焦っても、いかんともしがたい。私は参議院選挙後の短期的課題をまだ見いだせていないが、長期的課題は、成長主義・軍事主義を超える、地域自治・地域経済の創造、これしかあるまい。沖縄が自立し、各地が自立していく。だが安倍政権のやり方は、完全にこの道をずたずたにしてくるだろう。これを認めるわけにはいかない。

 私は、表現者としてこの道を可能な限り探っていくつもりだが、願わくば、協働の力を探り出し、求めたい。

 沖縄では若い人達の奮闘も見えてきた。微力ながら、お力添えができればと願う。これは沖縄の若者に限らない。可能なサポートはやらせていただきたい。

 こうしたことのためには、まず自分が考える時間を確保しなければ不可能だ。

 既に名護市内にもキセキレイが渡ってきた。夏雲が後景化し、確実に変化し始めている。サジバが渡ってくる日も近いだろう。沖縄の動物達に冬眠なんかありえない沖縄独特の微妙な変化を感知するきめ細かい感性を磨き、「四季折々」などという概念を抜け出す新たな感性を掴み取りながら、前に進みたい。

 これからもどうぞ宜しく御願い致します。

« お金で買収、お金で分断、あぁ! | トップページ | 晴れ間の中の雨をどう読むか?(16年10月9日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/67869880

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄に越してきて、今日で丸3年(16年10月9日):

« お金で買収、お金で分断、あぁ! | トップページ | 晴れ間の中の雨をどう読むか?(16年10月9日) »