2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 安倍政権は高江・ヘリパッド建設を止めろ!新基地建設を断念しろ | トップページ | 静かな静かな1日でした(16年10月10日) »

2016年10月10日 (月)

朝からブツブツですね(16年10月10日)

 今日は2016年10月10日。那覇大空襲から72年目を迎えた。この日付を知っている人はどれだけいるのだろうか?那覇周辺を広範囲に米軍に空襲され、大損害を被った。沖縄戦への最後通告だったのだろう。

 今私達は一体何処に立たされているのか? 改憲が目の前に迫っていながら、未だに「無関心」を決め込んでいる人が日本国民の多数。安倍政権は安泰であり、ますます自信をもっているようだ。世間の常識が右へ右へと傾き、人々はずるずるとひきづられて居る。侵略の歴史は切り捨てられ、再び、国家と軍事が表街道に並び、経済成長の夢がささやかれる。相変わらずこの国は不都合なことに金を配って、黙らせている。

 こうした中で、自分を取り戻す、作り直す努力が求められているが、少数派。其れも危機感が薄い。しかしひとりひとりが自分の中に羅針盤を埋め込んで、自分を作り直す以外にこの局面を打開することは不可能だろう。諦めず、冷静に、人の環をつくりだしていく。ただし自分たちだけで固まらず、常に外の空気も取り込みながら。

 こうして様々な寄り合いをつくりながら、押し返していきたい。押し返すというよりも、自分が生きる道を探って生きたい。若い人ともつながる可能性はまだまだあるはずだ。

 多分、今2016年から2018年(明治維新150年)を経て2020年の東京オリンピックが日本の中では、最後の分岐点になるだろう。新たな光を見出せるとすれば、此処2,3年だろう。

 私達は何に関心を抱くのか?どう生きるのか。米国のいいなり、国家のいいなり、リーダーのいいなりから、自由にときめいていこう。ひとりひとりが変われば、大きく変わっていくだろう。私は自滅への道を拒否する。何が自滅への道なのかを考えながら。

 

« 安倍政権は高江・ヘリパッド建設を止めろ!新基地建設を断念しろ | トップページ | 静かな静かな1日でした(16年10月10日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/67877526

この記事へのトラックバック一覧です: 朝からブツブツですね(16年10月10日):

« 安倍政権は高江・ヘリパッド建設を止めろ!新基地建設を断念しろ | トップページ | 静かな静かな1日でした(16年10月10日) »