2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 弾圧をめぐって(16年8月11日から12日) | トップページ | 辺野古の海ですらこんなにきれい(16年8月12日) »

2016年8月13日 (土)

高江から帰ってきたのだが(16年8月13日)

 今日の朝方は比較的涼しかったものの、11時頃から急に気温が上がった。県道70号線を高江売店からN1ゲート前まで久しぶりに歩いて往復した。今日も市民はトラックによるゲート内への土砂の搬入を止めようと頑張ったようだが、機動隊に阻止線を張られて、あっさりと入られたらしい。

 私は全くその現場に間に合わなかったのだから、何しに行ったのかと思う。後でTさんが言っていた。車列を止めようとちょっと道路の真ん中に寄ったら、機動隊10数名に車体をドンドン叩かれたと。今度同乗してもらえれば、いい写真撮れるよと。なーるほど。ただ日々状況は変わるし、タイミングも変わる。なかなか想定どおり撮れないのが、普通である。ひとつやってみたい課題がまた増えたな。

 帰りに再び高江共同売店の脇で休んだ。東京から来たというYさんから「よく歩くね」と言われてしまった。さんぴん茶をご馳走になった。住民の会の現達さんらがいたり、東京のゆんたく高江のメンバーが来ていて、しばし懇談。何気の会話はおもしろいものだ。

 名護に戻り、さてんで休憩。大失策。アイスコーヒーのシロップを私のザックに落としてしまった。何が最悪かといえば、このままだとザックがアリの住処になってしまいかねないのだ。やばすぎなのだ。つうことで、久しぶりに丸洗いを敢行。明日から2日間ぐらい何に荷物を入れればいいか。

 難あれば、楽もあり。「つながる/ひろがる/フェミ・ジャーナル」の「フェミン」の夏の特集号の表紙に私の写真が載りました。7月12日の北部訓練場前での作業再開に対する抗議行動を排除する機動隊。機動隊員の能面のような顔をみてほしい。両手両足をつかまれて排除されている女性は、屈辱に耐えている。今、沖縄の森が人間の住処が侵略者に陵辱されているのだ。

 「夏の特集号」のタイトルは「選挙。そして次へ」だ。このタイトルに私の写真を載せていただいたのは、嬉しい。沖縄の現実を「そして次へ」の中にすえて欲しい。無論、各地域の、各人の課題とリンクしての話だが。

 今日は8月13日。重たい課題が目白押しなのだ。

« 弾圧をめぐって(16年8月11日から12日) | トップページ | 辺野古の海ですらこんなにきれい(16年8月12日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/66985490

この記事へのトラックバック一覧です: 高江から帰ってきたのだが(16年8月13日):

« 弾圧をめぐって(16年8月11日から12日) | トップページ | 辺野古の海ですらこんなにきれい(16年8月12日) »