2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 揚陸艦等の動きナシ(16年6月27日) | トップページ | バナーが旗めくフェンス(16年6月29日) »

2016年7月 2日 (土)

奢る人間に未来はない、と私は思うのだが

 昨夜は急に眠くなって寝てしまった。個人的なことだが、昨日起こったことをどうしても書いておきたい。

 ある男性との会話。話が何処からそうなったのか私も覚えていないが、私は将来対中戦争が起きる可能性は0でないだろうとの持論をのべた。むろん、米国が日本が、中国が起こす戦争だ。理性的に考えれば、そんなことはお互いに得策ではない。やるほうがバカ過ぎる。

 だが、もし可能性が0ならば、苦労しないし、不安におびえることはない。楽チンだ。

 現に既に腹の探りあいをやっており、緊急発進も増えている。中国は南シナ海に新たな基地を造っている。他方、フィリピン、ベトナムも領土・領海を主張している。米国は中国が主張する領海の中に軍艦を航行させ示威行為を重ねている。軍事衝突にならないようにと裏で交渉したり、緊急窓口をもとうねとやっているが、今の軍事力を侮ってはいかん。一発発射してしまえば、ズンズンといってしまう。それから政治の場で話し合おうと言っても遅い。止まらないかもしれない。

 もしもそうなったら、沖縄周辺(与那国島から奄美諸島まで)の陸と海と空も戦場になりかねないのだ。何で沖縄の人人はこんなことに怯えながら暮らさなければならないのか。

 現に米国は新たに強襲揚陸艦を3隻増やす計画だ。日本は那覇基地に戦闘機を倍増させたばかりだ。24機から48機に。E-2C早期警戒機の部隊を数年前に那覇に新設した。2011年頃からホワイトビーチに入る海上自衛隊の艦船が目立つようになっている。与那国に陸自のレーダー基地を新設し(16年3月)、石垣、宮古、奄美大島にも陸自の戦闘部隊を配置する計画を進めている。佐世保に機動旅団を置き、佐賀空港にオスプレイの部隊を置く計画だ。

 そして辺野古の新基地建設ができれば自衛隊も使うつもりだ。既に演習に自衛隊はここまできているのだ。

 こうして甲を厚くして、軍事力で敵を排除する行為は、軍事産業を儲からすことになる。そこを除けば、一歩手前で止めますからと言われても、如何なる保障があるのか。

 特にこの日本の政府は頭が悪すぎる。過去に日本が引き起こした戦争を肯定して、反省していない。負けたからまずかったが、勝てばいいのだ。先制攻撃も可能だし、核兵器ももてる。こういって憚らない。

 更に彼らは戦争のリアルをもっていない。そのうえ、いまだに神がかりだ。それでも、米国が止めてくれるだろうという米国期待感もあるみたいだ。米国はそんなに日本を信用していない。いいように使うだけだ。

 安倍にゆだねて、神にゆだねて、米国にゆだねて、大丈夫なものか。

 今沖縄を中心に新たな軍事的武装化が始まっており、何よりも核心的な事は、武力で解決することが価値づけられていくことだ。改憲の流れとはこういうことなのだ。

 体系が変わり、人間が変わる最中に今あるが、にもかかわらず、対中戦争なんか起こらないと考えたら、大丈夫大丈夫になってしまうだろう。

 過去から学ぶことを放棄したら、アウトだ。

 もう一点、私は人間を信用していない。愚かだと思っている。だからこそ、安心できないし、奢りたくない。過去に人間が犯してきた過ちを考えたほうがよい。其れを今でもひっぱっているのだ。若しお利巧さんだったら、こんなことになっていない。

 私のことを右翼と同じだと誹謗したその男の決め付けに恐れ入りました。こうした思い込みは、議論にならないし、お互いに誹謗中傷しか生み出さない。アホくさいことだ。

 もっと歴史から学んで、冷静に議論できる関係を気付かなければダメだ。

« 揚陸艦等の動きナシ(16年6月27日) | トップページ | バナーが旗めくフェンス(16年6月29日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/66303627

この記事へのトラックバック一覧です: 奢る人間に未来はない、と私は思うのだが:

« 揚陸艦等の動きナシ(16年6月27日) | トップページ | バナーが旗めくフェンス(16年6月29日) »