2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« フロートのない大浦湾、サンゴ礁の大浦湾を行く(16年6月4日) | トップページ | アルソックの仕事?(16年6月5日) »

2016年6月 5日 (日)

沖縄県議選投票日です(16年6月5日)

 今日は沖縄県議選投票日。投票権のある県民の皆様はぜひと投票に足を運んでいただきたい。

 今回の選挙は、翁長県政と共に歩み、新基地建設を許さず、基地を撤去させ、戦のない沖縄を、アジアを、世界をつくっていくのか、再び戦乱の世の中に逆戻りさせていくのかを私たち沖縄県民が決める選挙です。今回の意思表示はすこぶる大切です。

 これまで地道に作り出してきた流れをさらに発展させ、強化することができるのか、私たち自身が問われているのです。ここでこの平和への歩みが停滞することがあれば、辺野古新基地建設や琉球諸島への自衛隊基地建設を加速させてしまいます。

 自民党は経済を主張しますが、戦争を招く経済はいらないときっぱりと主張しましょう。ここ沖縄に戦争がやってきたら、経済そのものが破滅し、私たちの生存じたいが危うくなるのです。そのときになって気がついたとしても遅すぎます。

 軍隊は住民を守らなかったいいますが、さらに今書いた指摘こそ、沖縄戦から学ぶ教訓です。

 日本の皆さんにも私は大きな声で言いたい。4人に一人が亡くなった戦争体験から発している沖縄の皆さんの教訓。沖縄戦後も1972年まで米国領におかれ、今も在日米軍基地の大半が置かれている沖縄からの声を、広く日本中の人人の声にしてこれなかったことを私は悔やみます。日本のはずれの小さな島国のことだからと、度外視してきた日本の世論を恥じ入ります。そしてまた元米兵による凶行を止められなかったこの国。

 私は今日も辺野古に行きます。一人ひとりは無力じゃない。微力だが支えあい、力を合わせてきたからこそ、翁長県政を作りだし、堂々とこの国と、アベ政権と対峙できるまでになったのです。ここまで来た成果を選挙での投票で、より一歩大きくしていきましょう。がんばりましょう。

 辺野古・大浦湾の生きものたちも、やんばるの森の生きたちも、行動する私たちに声援を送っているはずです。

 

« フロートのない大浦湾、サンゴ礁の大浦湾を行く(16年6月4日) | トップページ | アルソックの仕事?(16年6月5日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/65851315

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県議選投票日です(16年6月5日):

« フロートのない大浦湾、サンゴ礁の大浦湾を行く(16年6月4日) | トップページ | アルソックの仕事?(16年6月5日) »