2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 玉城義和さんが亡くなった(16年6月3日) | トップページ | フロートのない大浦湾、サンゴ礁の大浦湾を行く(16年6月4日) »

2016年6月 4日 (土)

あれこれと(16年6月4日)

 今朝新聞で玉城義和さんが亡くなったと知って、慌てて追悼めいたことを書いた。まさかこんなに早く亡くなられるとは思っていなかったので、愕然とした。

 同じ新聞に政府の米軍犯罪対策が出ていたが、あくまでも現行の日米地位協定を変えずに、天皇様、神様・仏様、米軍様を死守するつもりのようだ。あきれ果てる。パトロール隊新設、警官100名増員、街路灯をつけるなど。これで沖縄の住民を守れるのか、そもそも守る前に事件・事故を起こさない処置を取れと言っているのだ。枝葉だけの対策で、解決するなら誰も苦労しない。被害を受けるのは沖縄の住民であり、選挙対策の騙くらかしはたくさんだ。

 そんなこんなで今朝の出発が遅れバスに。あぁ今日は船に乗ろうと思っていたのにとがっかりしていたが、何とか間に合った。船にも乗った。本格的な夏の太陽だ。関西から来た学生が一人乗ったのだが、帽子ナシ、サングラスナシ、日焼け止めなしの男の子。焼けるぞといったら、案の定。赤くなっていた。沖縄の太陽を甞めたらイカンゾ。

 しかしフロートのない海を走り、サンゴ礁の海を堪能した。最高の気分。ここをつぶすなどありえないのだ。

 県議選、翁長与党の苦戦が伝えられている。かね亡者にまたやられるのか。自立と自力で活路を見出すのか。沖縄に生きている以上、もしもここが戦場になったら、お陀仏だ。そんな愚かな選択だけはしないでいただきたい。

 余談だが先の学生、アメリカニューシネマが好きとか。俺の青春時代のものを何故知っているでした。では『マッシュ』を見たことがあるかと聞いたら、ないと。これはお勧めと、船の上で話もできた。これが『和解』後の海だからできること。ここにくるなら、『戦場ぬ止み』や『圧殺の海』を見なさいねと申し上げておいた。

« 玉城義和さんが亡くなった(16年6月3日) | トップページ | フロートのない大浦湾、サンゴ礁の大浦湾を行く(16年6月4日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/65842527

この記事へのトラックバック一覧です: あれこれと(16年6月4日):

« 玉城義和さんが亡くなった(16年6月3日) | トップページ | フロートのない大浦湾、サンゴ礁の大浦湾を行く(16年6月4日) »