2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« さがって見れば(「今日の1枚」-16年5月3日) | トップページ | 米軍の戦闘訓練、雷雨に見舞われた1日(16年5月3日) »

2016年5月 4日 (水)

5月3日から4日に掛けて考えていること

 5月3日、辺野古から帰宅後、さっさと寝てしまった。疲れた。23時過ぎに起きた。3日は憲法記念日。東京では5万人が集まったそうだ。ご苦労様。古謝美佐子さんも参加して、「童神」等を熱唱したようだ。ゆりかもめ(モノレール)が止まったとか。

 私のような「戦争を知らない子ども達」は、「憲法」と言われても余りぴんと来ない。「平和が大事」といわれても…。私が父親から聞いた戦争中の話は幾つかある。彼は病弱で、運よく最後の最後に兵役に取られたので、人を殺していない。戦場に駆り出されていない。

 彼は東京にいた。B-29がしばしばやってきて爆撃していたが、こちらの対空砲は全く届かず虚しく響くだけ。やつ等は高空から爆撃。海軍の戦闘機、飛燕が飛び立っても、という話。私が当事の話のなかで一番響いたのは、軍国主義の時代の中でイジメが蔓延していた話。これが私の反戦の基礎の基になっている。

 私自身小学校時代はイジメられたし、私の家の隣が養護施設で、彼等(彼女等もだろう)はイジメられていた。身をもって体験しなければ、原動力にならないし、思想にもならない。

 私の小学校時代の楽しみのひとつは、プラモデルの製作だった。ゼロ戦とか、大和とか。テレビは「コンバット」。アメリカ製の戦争もの。しかしこんなことをやったり、みていても、平和主義者になっていた。

 今大切な事は、「私達が主権者なのだ」という意識を育むことだろう。あの戦争を「終戦」としか捉えられなかった認識を「敗戦」だと捉えなおすこと。自分たちの親などの世代が何をやらされていたのか、しっかりと見つめなおすことだ。ここを抜きに主権者になることは不可能だ。

 恥ずかしながら私が沖縄に出会ったのは、70年から72年の反安保、沖縄解放、ベトナム反戦の時代から遅れること17年後の1989年以降だ。沖縄がどうなっていたのか、いるのか、知らなかったし、知ろうともしていなかった。70年代の「反戦闘争」は、そこにベトナムの民衆の、沖縄の民衆の生き様が視野に入って居なかった、見えていなかったのだ。素通りしていたように思う。ここは懺悔するしかない。

 戦後71年、日本は軍隊を海外に送らず、人を殺さずにきたといわれている。しかしこれは本当なのか? 自衛隊しかないからとか言うな。自衛官は直接殺していなくても、この国は日米同盟の下に、核安保体制の下に、米国の侵略戦争に同調し、在日・在沖米軍を戦地に送り出してきたのだ。イラク戦争やアフガン戦争では、遂に戦場の周辺まで派兵して、直接米軍をサポートしてきたのだ。沖縄は常にその最前線におかれてきたのだ。

 平和憲法を大切にする気持ちを私は否定しない。しかし自分たちも血塗られた手に身体になっているのだ。他人事じゃないのだ。きれいきれいに、ことを考えることはできないのだ。絶望のない希望はないのだ。

 平和憲法があるから私達は主権者なのではない。私達が主権者だからこそ、平和憲法があるし、改憲を阻止し、あるべき憲法像を探らなければならないのだ。

 因みに私が一番好きなゴールデンウィークは、5月5日の子どもの日だ。男の子のじゃないよ。子どもを大切にできない社会、しない国はアホだろ。昔、教育勅語とかあったようだが、子どもも国家にお上に仕え(つかえ)なさい、なんて。平気で人を殺せて殺されることが誉れ高いのだとか。私が思うに、71年前までのこうした亡霊を私達は始末してきたのだろうか。今こそ決着をつけるべきときだ。もはや手遅れかもしれないが、だからこそ、闘いは今なのだ。

 戦争は遠い世界にあるものじゃない。否定しようとも今の私達の体内にもあるのだ。目の前の基地を容認しているかぎりあるし、食べ物の中にある。私達が使っているお金の中にある。平和憲法が大切って、私達が生きること、私達の視野に入っていない人たちも生きていること、共にの気持ちを育みながら生きることなしには、ありえないだろう。道は果てしないかもしれないが歩き続けよう。(16年5月4日1時20分)

« さがって見れば(「今日の1枚」-16年5月3日) | トップページ | 米軍の戦闘訓練、雷雨に見舞われた1日(16年5月3日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/65301236

この記事へのトラックバック一覧です: 5月3日から4日に掛けて考えていること:

« さがって見れば(「今日の1枚」-16年5月3日) | トップページ | 米軍の戦闘訓練、雷雨に見舞われた1日(16年5月3日) »