2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« それでも与那国は美しいのだ | トップページ | 長崎・佐世保・対馬の花たち »

2016年4月11日 (月)

九州から帰ってきました

 16年4月5日からスタートした今回の旅は、長崎市、佐世保市、対馬、福岡市、佐賀空港をめぐって参りました。結果は芳しくありませんでした。

 もっとも、ただの市民としては、事件・事故がないほうが、嬉しいのですが、報道写真家としては、成果なしかよみたいな。今回は調査のための撮影でしたので、幾つかのことをあとでご報告します。

 写真の結果をだせないと。暇つぶしに色々とやってみます。此方も後で写真をだしましょう。肝心な与那国の報告もまだまだ残っています。

 文章だけでご報告できる事をいくつか。まず、新聞の問題。長崎新聞と西日本新聞を読みました。10日は久しぶりに朝日新聞福岡本社版も。

 なんだかぺらぺらな感じ。読むところがないというのか、これは取っておかなければという記事がない。ローカルなニュースなりの突込みがない。投稿欄も何々読んでみるかのものがない。むろんたまたま私の関心を引くような記事がなかっただけかもしれませんが、沖縄の2紙と比べて、ニュースに対する視線が淡すぎる。これは、ある住民の目からみて、どういう問題なのかを書いていない。記者がニュースの外側から書いているだけ?

 9日の夜、博多で交流会がありました。こちらは福岡で大成建設の歴史を報告する加藤宣子さんを講師に迎えた集会のあとの交流会に私が参入しました。Tさんのお計らいです。

 久しぶりの博多での会食に期待していたのですが、なんと私を待っていたのは8名の女性達。一人も男がいないって、どうよでした。

 飛行機の関係と宿の関係で私は1時間遅刻でしたが、いくや否や与那国のことを聞きたいと、質問攻めに。皆さんの真剣な眼差しに、飲食しながら話している場合じゃないと、まずは状況をきちんとお話ししました。これは島の視線だけでみていたら、ダメなのです。

 無論、辺野古や高江のこと目取真さんの不当逮捕の件などもでました。ついでに私から警備隊がいる対馬の自衛隊の話もさせていただきました。

 メンバーの中に沖縄出身の方がおり、彼女の眼差しが印象的でした。外にいるうちなんちゅの気がかり度合いをひしひしと痛く感じました。彼女が聞きたかったことのどこまでを話せたのかわかりませんが、酒の入った交流会なのに、全く酔わずに遠くの宿に無事に帰れました。

 他の皆さんも熱心でよく事を承知されており、基本の基に遡る必要なく、どんどん質問を重ねてくる気合に私はいささか押されぎみでした。すこしでもどうやったら伝えられるのかとの思いを考えさせていただきました。

 講演会じゃないので、事前の準備なしで、不十分な点については、真に申し訳ありませんでした。参加された皆様、真にありがとうございました。

 お料理もおいしかったです。ちゃんぽんも懐かしい。

 場所をセットしてくれたTさん、ありがとう。

« それでも与那国は美しいのだ | トップページ | 長崎・佐世保・対馬の花たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/64925054

この記事へのトラックバック一覧です: 九州から帰ってきました:

« それでも与那国は美しいのだ | トップページ | 長崎・佐世保・対馬の花たち »