2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 今日は急遽辺野古を休みます(16年4月13日) | トップページ | 稲川宏二さんの志に寄り沿いたい »

2016年4月13日 (水)

主が追い出された旧南牧場周辺(16年3月28日、29日)

16年3月28日、29日の旧南牧場周辺の馬達を追いました。

Imgp3560_convert_20160413012100

3月28日12時54分。旧南牧場の外(海)側の道をかっての主である馬たちがとぼとぼと行く。牧草地を追われて、条件の悪いところで食べなければならない。

 右上の集団は着任したばかりの自衛隊員。周辺を銃をもちながら歩いてました。

Imgp3668_convert_20160413012300

3月29日16時43分。やはり与那国監視隊の駐屯地前。盛り土は弾薬庫。

こちらは道路を隔てた海側の草地。正面の丘一帯が南牧場だったのだ。

Imgp3680_convert_20160413012558

3月29日16時59分。旧南牧場の最西端から。上の建物群周辺が与那国監視隊に取られた。拡大してご覧ください。

Imgp9880_convert_20160413015533

3月29日16時33分。監視隊の柵にまで上がって、餌を食べる馬達。道路から約2m上。

Imgp9885_convert_20160413015902

こんなです。3月29日16時36分。悲しく、涙が出てきます。

Imgp9890_convert_20160413020215

そして左上の馬は果敢にも監視隊入り口(工事現場の入り口)を通ることを試みましたが、このクレーン車に阻まれた。主が追われる。3月29日16時40分。

Imgp9892_convert_20160413020517

とぼとぼと戻ってくる。こんな現実に誰がした?! 3月29日16時41分。



« 今日は急遽辺野古を休みます(16年4月13日) | トップページ | 稲川宏二さんの志に寄り沿いたい »

与那国島」カテゴリの記事

コメント

7年前に孫たちとヨナクニサンを見に行きレンタカーで島をぐるぐる回ったことを思い出します。広々としたあの馬たちのものがこんなになってしまってのですね。
悲しい、悔しい。受け入れを拒否していた島の方々の気持ちを思うと苦しくなります。

北海道からありがとうございます。「ソ連脅威論」時代の北海道、「中国脅威論」に包まれる今日の南西諸島。お互いに馬も牛もいるなかで、これに対抗する共通したありかたはないものでしょうか?
 こんな場面を見ていると涙ができてきますが、更に憂鬱になるのは、島の人人が「防人の人」に追いやられていく事です。もっと別のあり方を探っていきたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主が追い出された旧南牧場周辺(16年3月28日、29日):

« 今日は急遽辺野古を休みます(16年4月13日) | トップページ | 稲川宏二さんの志に寄り沿いたい »