2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 辺野古・大浦湾は静かでも陸の上はトンデモナイ | トップページ | 自然破壊の兆候が現れ、戦闘訓練が行なわれている1日 »

2016年3月15日 (火)

怒涛の1日でした(16年3月15日)

 今日は怒涛の1日。午前中海に出て、途中で、ゲート前で不当逮捕者がでたと、急遽戻り、浜での米兵の戦闘訓練の撮影、そしてゲート前での米軍への抗議行動を追いかけ、夕方、名護署前での仲間を返せの行動も撮影。8時から18時でした。

 体力的にお疲れさん。そして、不当逮捕が13日未明の米兵のレイプ事件がらみだと。ゲート前での抗議行動に米兵が中指を立てて、返してきたことに、ヤスさんが怒り、オレンジラインを越えたところで、軍警ガードマンに羽交い絞めにされて拉致された。これに名護署も当然のような顔をして、弾圧に手を貸す。

 ここに米国と日本、日本と沖縄の関係が刻印されているのだ。日本の、沖縄の警察も米軍の支配下にあるようだ。

 マリーンズ ゴーホーム!なのだ。いな、GET OUT!なのだ。

« 辺野古・大浦湾は静かでも陸の上はトンデモナイ | トップページ | 自然破壊の兆候が現れ、戦闘訓練が行なわれている1日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/64468420

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の1日でした(16年3月15日):

« 辺野古・大浦湾は静かでも陸の上はトンデモナイ | トップページ | 自然破壊の兆候が現れ、戦闘訓練が行なわれている1日 »