2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« でわでわ行って来ます | トップページ | パイナップル(「今日の1枚」-16年3月1日) »

2016年3月 4日 (金)

石垣島・与那国島から帰宅

 去る16年2月29日午後から石垣島・与那国島に出かけてきました。ただでさえ慌しい日程でした。29日夕方石垣島着(飛行機が40分遅れての到着)、1日、夕方まで石垣島での撮影。夕方便で与那国島着(これまた60分の遅れ)。運のいいことに同乗者にお二人の与那国島の友人が乗っており、迎えにお出でになっていたAさんのお連れ合いに宿まで送っていただきました。感謝。2日、駐屯地建設現場周辺やインビ岳中腹のアンテナ群を撮影。3日朝、西崎(いりざき)灯台から朝日を撮影。丁度、久部良の丘のアンテナ等の施設の上から雲に挟まれる形の日の出でした。朝一便で、石垣へ。再び、新港を撮影後、石垣空港で撮影して、おしまい。  飛行機の便が最終便とか朝一とかは私のリクエストではなく、満席で取れなかったのです。これは建設好況らしく、ほぼ全便、満席。  

 そのかわり、新たな出会いがあったり、これからも自衛隊に異議を唱えていくと言う人たちとも話ができたり、私自身も新たな決意をしているところです。  

 今回、急遽同行者ができました。船団のY船長です。与那国島は行ったことがないし、自衛隊問題も知っておきたいとのことで、石垣島からフェリーボートでの往復でした。お陰で、石垣でも与那国でも日中の同行をできず、朝、港で見送り、夕、飛行場で出迎えてもらい、翌朝港で見送りでした(2日帰宅)。Yさんは1日午後、2日早朝、バイクでめぐり、要所要所を見て、見識を新たにしたようです。  

 防衛省は3月28日に駐屯地開所式をやるそうですが、施設建設は大幅に遅れています。それでも形だけでも新部隊を設置し、「南西方面重視政策」の第1弾として、ここを足がかりに「島嶼奪還作戦」の情報収集と言うのか、否、平時から情報収集であり、対中戦略の陸上自衛隊の最前線基地という、形から入るのでしょう。    

 私達は人々が生きていくために何をすべきなのかをしっかりと考え抜いて、与那国島から沖縄島まで、沖縄島から日本全国の中で、戦争のリアルを考え、あくまでも非戦・反戦を貫きたいものです。  

  因みに3月1日夕方、石垣空港に陸上自衛隊のUH-60ヘリ、1機が来ていました。航続距離は約470キロです。3月2日与那国島上空には航空自衛隊の大型ヘリCH-47(航続距離約1000キロ)が1機か2機(2度観たが機体数は未確認)飛来しています。陸には西部方面隊情報隊の先遣隊が入っており、高機動車が走り、自衛隊が跋扈する与那国島になっています。

« でわでわ行って来ます | トップページ | パイナップル(「今日の1枚」-16年3月1日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/64264496

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島・与那国島から帰宅:

« でわでわ行って来ます | トップページ | パイナップル(「今日の1枚」-16年3月1日) »