2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1眼レフの写真の公開の日に | トップページ | それぞれの故郷を守ろう-土砂搬出反対運動への呼びかけ »

2016年3月10日 (木)

京都からパネルが返却されて来ました

 昨日、京都のかもがわ出版さんにお貸ししていた私のパネル「沖縄・辺野古-この海を、生きる希望をあきらめない」が無事に返却されて来ました。ありがとうございました。

 今回の京都での沖縄企画は写真展(牧志治さんの辺野古・大浦湾の海中写真、高江の写真、そして私の写真で構成)や歌、沖縄物産展も交えた企画だったようです。多分、牧志さんの海の中の写真とあいまって、今どんな海がどのように壊されようとしており、如何なる抵抗が続いているのかが分かる展示になっていたと思います。

 大勢の方々がお出でになったようなので、私も嬉しく思っています。あらためて、主催者の皆様に感謝申し上げます。

 このパネルは昨年春に制作したものですが、今でも引き合いがきています。3月の下旬、今度は長野県内での展示が決まっています。全部で15枚とコンパクトなものですが、ちょっとした場での展示に便利だと思います。

 貸し出し料は、1日、3000円、2日~7日(展示期間)、5000円です。詳細はメールかコメント欄にお問い合わせください。

« 1眼レフの写真の公開の日に | トップページ | それぞれの故郷を守ろう-土砂搬出反対運動への呼びかけ »

写真・写真展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/64380336

この記事へのトラックバック一覧です: 京都からパネルが返却されて来ました:

« 1眼レフの写真の公開の日に | トップページ | それぞれの故郷を守ろう-土砂搬出反対運動への呼びかけ »