2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« デジタルカメラへの移行に四苦八苦 | トップページ | 辺野古川河口、波と光の世界(2016年2月4日) »

2016年2月 4日 (木)

2日、3日と現場の動きは特にないのだが

 2日、3日と新基地建設をめぐる動きは特にありません。どうも国側もやり方を考えあぐねているのか、裁判の帰趨を見定めてからなのでしょうか。

 海上でのボーリング調査は終了したようです。また陸上ではぼちぼち資材搬入はありますが、なんに使うものか分からない。兵舎の建設工事は止まったままです。

 其れよりも何よりも国が県を提訴した代執行裁判(1月29日)で、裁判長が和解を勧告。異例中の異例です。民事訴訟なら常道でしょうが、こちらは行政訴訟。白と黒がはっきりしている裁判。どうやら裁判所は問題の焦点をはぐらかして、沖縄の民意をもういちどごちゃごちゃにすることにあるのではないでしょうか。こうすれば裁判所の責任も曖昧にできる。こうした観点からの批評もまだまだ希薄。

 あらためて考えなければなりません。が、冗談じゃありません!

« デジタルカメラへの移行に四苦八苦 | トップページ | 辺野古川河口、波と光の世界(2016年2月4日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/63784650

この記事へのトラックバック一覧です: 2日、3日と現場の動きは特にないのだが:

« デジタルカメラへの移行に四苦八苦 | トップページ | 辺野古川河口、波と光の世界(2016年2月4日) »