2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 防衛局の動きを海上から警戒・監視(16年1月26日) | トップページ | 日中は暖かくなりホットしたり、再会に沸いたり »

2016年1月27日 (水)

ブロック積みとブロック投下の動きは…

 シュワブゲート前で数日前からブロックを積み上げて、作業車両を止めようと頑張っている。先ほどチョイさんの報告を見たら、そのすさまじさがつたわってきた。これはどこかで私も行ったみたい。http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/2a5a5eaeb6d86e824792f0193dad7973

沖縄防衛局は工事着工に向けて準備をすすめているようだ。宜野湾市長選で現職の佐喜真淳が勝ったから、勢い込んでいるようだが、彼が主張したのは「危険除去」であり、普天間基地の閉鎖・返還。争点外しとしての「辺野古移設」にだんまりを決め込んで、宜野湾市民を騙したのだ。

 しかしそうはいっても国は国で強硬手段にでてくるだろう。ブロック詰め上げ戦術はそこへの痛打となるかもしれない。ただ焦って戦術を高めるだけでは、思うようにいかないだろう。普天間基地を本当に撤去するためには、名護市民と宜野湾市民の共闘が問われているのだ。選挙はまけても1からこの共闘を創り出す試みが問われているはずだ。

 他方で国は2月頃から埋め立ての第一歩に入ろうとしている。この油膜防止幕の設置を許さない海の闘いの飛躍が問われている。こちらのコンクリートブロックは最大75トンとも言われている代物だ。

 海でも陸でも油断できない日々が続く。がんばりあいましょう。

« 防衛局の動きを海上から警戒・監視(16年1月26日) | トップページ | 日中は暖かくなりホットしたり、再会に沸いたり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/63667894

この記事へのトラックバック一覧です: ブロック積みとブロック投下の動きは…:

« 防衛局の動きを海上から警戒・監視(16年1月26日) | トップページ | 日中は暖かくなりホットしたり、再会に沸いたり »