2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 連休にしますが | トップページ | ワサワサしているが焦らずに(15年12月18日) »

2015年12月19日 (土)

宮古島市議の見識を問う

 先ほども触れたが、2015年12月18日の宮古島市議会の一般質問で、嵩原弘市議はこう言ったそうだ。「(新基地建設反対運動にふれ)辺野古基金からの日当と弁当つきでデモをしている」などと。

 取材に対して、「(実際に)日当や弁当の受け渡しは見たことがない。インターネットで情報を得た」と答えたらしい。彼は総務財政委員会の委員長。4期めの市議だ。

 いやはやだが、もしもこのとおりならば、私たち、ちょっと裕福になっているはず。実際は全然だよ。個人が参加するお金は、すべて自費です。金銭カンパ、現物カンパは、この闘いを支えるために使われています。個人の手元(財布等)に入ることはありません。

 それにしてもこれが市議会議員か。呆れる。事実関係を確認もできないで、しないで決め付けるやり方に、はらわたが煮えくり返る思いがする。責任を取って謝罪してほしい。これもできなければ、嵩原弘さんは、議員としての資格がない。議会活動とは、事実関係に基づいてやるんでしょう。デマに基づき、信念でやるのか? 市議会議員は、やはり、利権話しか頭にないのだろう。デマ市議はいらない。

 どうか宮古島の人々よ、しっかり考えて。

 辺野古に来る人の中にも、こうしたデマを聞いてくる人がいる。いつも言うことだが、こうしたデマを垂れ流す人たちがそうだからといって、自分を基準に考え、言うな。ありもしないことを鵜呑みにしてはダメだ。 

 前にも書きましたが、辺野古基金は日常的な闘いを支援するお金を出す組織ではありません。ここにも誤解がある。同基金は各団体に、目的を定めて支出しており、個人に金が流れる事はない。

« 連休にしますが | トップページ | ワサワサしているが焦らずに(15年12月18日) »

宮古島・伊良部島・下地島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037325/63042386

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島市議の見識を問う:

« 連休にしますが | トップページ | ワサワサしているが焦らずに(15年12月18日) »