2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2016年12月 4日 (日)

高江オスプレイパッドは16年12月16日竣工だとよ

 ツイッターを見ていたら、北部訓練場のオスプレイパッド(N1×2箇所、GとHの計4箇所)の工事はやりなおしていたりして、年内竣工無理とあった。ところが今、ヤフーニュースに「12月16日竣工」と出ていた。どちらが正しいのだろうか?

 私が知る限りこんな例もあるから。与那国島の沿岸監視隊の隊舎等の話だが、当初「16年3月31日竣工」だった。が、今看板に書かれているのは「17年6月30日」。1年3ヶ月も遅くなるのだ。未完成にも係わらず、同部隊は16年3月28日、隊旗授与式をやって、新たな部隊が新編されたのだった。

 北部訓練場の場合、米軍への提供施設だから、こんなふざけた形式主義は通用しないだろう。16日に「完成」しても、ちゃんと契約書どおりできているのか、部内ではあるが検査行為がある。この検査を受けて始めて業者に契約金額が支払われる。竣工といえるのは、検査後のお墨付きを得てからのはず。

 現場での反対・阻止の闘いとは別に、同局の検査行為の行方にも注目していきたい。

沖縄防衛局 総務局総務部契約課(検査行為もここが所管だろう)

         調達部土木課(ここが本件担当課)

  因みに総務部長は眞鍋 誠孝(まなべ しげたか) 調達部長は茂龍勇人(もろ はやと)

沖縄防衛局の代表番号は 098(921)8131

辺野古リレーが辺野古・高江の闘いに対する弾圧に抗議声明

 東京の辺野古リレーが11月29日に受けた辺野古の闘いに対する弾圧に抗議声明をだしてくれていた(16年12月3日付け)。改めて感謝したい。

◎以下の通り。

https://henokorelay.wordpress.com/2016/12/03/protest_statment-2/

私は、今後行なわれるだろう拘留理由開示公判や名護署前での激励行動などに極力参加し、継続して報告したい。

今日はお休みして、諸々の用事を済ませます(16年12月4日)

 ちょいとハードな1週間が終わり、次に備えなければならない。だから今日はお休みしています。依頼原稿を執筆中。布団を干して、衣類も入れ替えなければ。

 知らない人は知らないだろうが、久々に村上寛のドラムスをCDで聴いている。サックスは峰厚介だと直ぐに分かった。懐かしい。村上、峰、本田竹広(ピアノ)のネイティブ・サンも懐かしい。

 こういうのを聴いていると、1974年の新宿時代を思い出す。階段を下りていくとおもしろい空間があった。苦しかったけど楽しかったな。今もそうかも知らないが。

 しかし防空壕とか壕に逃げ惑うなんて嫌ですよ。しかし怖いものは台風に、津波に、雷雨まではともかく、テロとか爆撃は、勘弁願いたい。でも、起こりそうだから怖い。めげない精神をもたんとな。培わないと。

 今週末から来週にかけて、複数の友人が来るらしい。きちんと会って、情報交換やら営業やらもやりたいものだ。

 では、本日後半戦に入りましょう。

 

12・10 高江・辺野古 東京集会に御参加ください

 東京で以下の集会が開催されます。ご参加ください。安倍政権のやりたい放題に、否! の声を突きつけよう。(ヤマヒデ)

12,10 高江オスプレイ・パッド、辺野古新基地建設を許さない!東京集会-最高裁は沖縄の民意に応える判決を!

日時:16年12月10日(土) 13時開場 13時30分開会 デモ発15時10分。

会場:日比谷野外音楽堂(地下鉄丸の内線、千代田線霞ヶ関駅下車) 

主催:基地の県内移設に反対する県民会議

    「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会

    戦争させない9条壊すな!総がかり行動実行委員会

内容:オープニングライブ 寿

    沖縄からの訴え

    各政党、学者、文化人からアピール

    横田基地、木更津からのアピール

◎詳しくはこちらを

http://sogakari.com/?p=2340

2016年12月 3日 (土)

特約の来訪者との懇談と、海へ(16年12月3日)

 2016年12月3日。薄曇り。監視船がしっかりでていた。今日は10時過ぎからある方を通した特約の懇談が入っている。私は辺野古テントの専従スタッフでないから、こうした対応も許されると、勝手に考えている。ただの「常連メンバー」に過ぎないから。

 9時過ぎから京都の女性がゲート前から降りてきて、ゆんたく。各地の現場の闘いをどうすればいいのかを、ややつき合わせた。私は国とはウソをつくものであり、当初最小に見せかけて、最大を追求して来るものだとお話した。京都の経ヶ崎では米軍のXバンドレーダー基地を造ったが、自衛隊の演習場と繋がる道路を造り、自衛隊の演習場で射撃演習までやっている。これは当初の説明にはなかったことだと。私は国のウソを見破るためには、疑ってかかることが重要だと話した。

 そういえば、辺野古の最初の触れ込みは、「ヘリポート」だったよな。明らかなイメージ操作。

 10時過ぎに兵庫県の弁護士さん3名が現れた。時間はあるということなので、じっくりしゃべらせてもらった。約2時間。SACO合意からの20年。中部演習場と北部演習場の実態の一端。現況。辺野古区における歴史的な問題点。臨時立ち入り制限区域と地位協定の関連など。岩国基地の先例(埋立ての方法、飛行場+岸壁の設置)と、辺野古問題など。質問がどしどしでるので、議論の密度が高い。

 そのあと松田浜に出て現況を説明。フェンスのことや地盤がずれていること。アルソックと監視船のこと、水陸両用装甲車の訓練、目の前にできている大きな水路(通常は涸れているが)も装甲車が烈しい演習で砂を掘ったからだけでなく、上部の兵舎の移転工事に伴うものではないかなど。

 その後、昼食を挟んで、汀間港へ。運よく船に乗れることになった。そしてサンゴ礁を見ることができた。

Imgp6097_1280x851

アオサンゴ群体。ずっしりと広がっている。視界が狭くて申し訳ない。

Imgp6099_1280x851

Imgp6109_1280x851

テーブルサンゴ。一部白化している。しかしきれい。うっとりというのか、こうした海をつぶしてはいけないと、改めて思う。

Imgp8571_1280x851

カヌチャベイホテルの前。

皆さん大満足でした。

Imgp8573_1280x851

汀間から瀬嵩方面を眺める。15時24分。

そして辺野古に戻る。

2016年12月 2日 (金)

再び自衛隊が辺野古漁港に現れた(16年11月28日)

2016年11月28日曇。監視船はマリンセキュリテイの小型ボート1隻のみ。何故だろう(名護漁協の総会だったらしい-事後情報)。9時8分。上空を戦闘機4機通過(雲の上なので推定)。来訪者(団体)が被ってしまい、テンテコマイ。

Imgp5698_1280x851
右側のグループと左のテントの中。

午前中、大賑わい。

Imgp8384_1280x851
テント裏手(北)を飛ぶMH-60.ここでこの機体が演習するのは珍しい。14時36分。

Imgp8387_1280x851

左(西)に。14時36分。

今日もオキナワギクを撮る。

Imgp5708_1280x851
こんな岩場に咲く可憐さ。

Imgp5713_1280x851

こう陽があたってくれると、いいね。14時58分。

Imgp5716_1280x851

やや日陰だが。15時。

Imgp8421_1280x851
海をバックに入れた(青い部分)。15時9分。強風に潮に耐える力が小さな体の中に宿っているのだ。

Imgp8412_1280x851
クレーンが動いている。何をやっているのだろうか。工事再開に向けた準備作業だろう。15時9分。
Imgp5843_1280x851
テントに戻ってきた。

Imgp5717_1280x851

漁港の中に自衛隊の車発見。15時21分。何しに来たのだろう。

Imgp8433_1280x851
このナンバーは自衛隊。

Imgp8436_1280x851

4人乗っている。沖縄地方協力本部。かりゆしを着ているが、純然たる自衛官。

私たちを取り巻くものたちは確実に増えている。油断できない。追い返しました。15時26分。









大型ヘリが頭上を飛び交った一日(16年11月22日)

2016年11月22日 晴れ。朝から米軍ヘリコプターが沖合いを、裏手を飛び交い、うるさかった。

Imgp8288_1280x851
これはテント前から北側を見上げたもの。音は左から接近。そこへ右からも飛び出してきた。12時47分。全部で3機だった。

Imgp8289_1280x851

12時48分。交差して右から来たヘリが前に出た。

Imgp8295_1280x851

12時48分。頭上を飛ぶ。大型ヘリCH-53.

Imgp8297_1280x851

もう一度、飛び交う。12時51分。

Imgp8301_1280x851Imgp8303_1280x851




再び頭上。12時51分。

真上に来た。12時51分。

Imgp8311_1280x851
再び頭上。左側にカメラをつけている。12時55分。これはどうも私たちを撮っているのではないか。威嚇力満載。

Imgp8333_1280x851
更にもう一度。12時59分。こちらも構えているから、あちらもか?

Imgp8343_1280x851
12時59分。

Imgp8355_1280x851

今度は沖合いを14時46分。

こういうときに限って、来訪者が少ない。

誰が損して誰が得したのか-余談ですけど-

 先日(16年11月29日)の県警による辺野古のテント2へのガサ入れの状況については報告しました。あの時もうひとつの舞台も回っていたのです。これを報告します。余談ですけど。

 このテント2は三方が森に囲まれています。あのとき、木から木へと移動しているメジロがいました。けっこうな数だと思います。他にシロガシラ、ヒヨドリ、シロハラも付近にいました。そこに2回ほどサシバが木の上に舞い降りました。このタカは小鳥類やネズミ類を主食にしています。このときもメジロなどを捕まえて食べたかったのでしょう。やる気十分でした。

 しかしサシバは躊躇したのです。普段観たことがない異様な人間達。全員がマスクをして、サングラスの奴もいる。人相の悪い彼らが20名余り。さすがのサシバもびびります。急降下しかけましたが、途中で回避。上空に舞い上がって行きました。

 お陰で助かったのが小鳥達。良かった! 

 しかしここに新基地が出来たらどうなるのか? 

シュワブ陸上部の工事は12月10日からだと報道(16年12月2日)

 2016年12月2日。曇ときどき晴れ。監視船等は通常通り。今日も比較的静かだった。オスプレイが飛んだり、地上攻撃ヘリが飛んだが。来訪者も少なかった。

 午後の晴れ間にオキナワギクを撮影。昨日行ったところ、群落の密度が高すぎて、踏みつけかねない。仕方なく逆方向から回ってみた。

Imgp6071_1280x851
岩場に咲くウコンイソマツ。まだ咲いているのか。

Imgp8539_1280x851_2
岩場に咲くオキナワギク。高いところにも咲いていた。下から見上げるように。

Imgp6086_1280x851_3

光が当たっているといい。だが逆光だと、難しいからお気をつけください。

岩場を1周しました。踏みつけないで済んだのは、たまたま潮が引いていて、海辺に下りれたから。

Imgp8547_1280x851
ここが国が陸上部の12月10日から工事再開予定の建物です。右奥。14時45分。

Imgp8549_1280x851

右側ではクレーンが動いていました。14時46分。護岸から。

Imgp8552_1280x851
左奥が工事再開予定の建物。右奥にクレーンが見える。14時48分。

工事再開となるとまた緊張します。

今日はSACO(沖縄特別行動委員会)合意20周年。辺野古も高江もこの文書によって、ここまで追いやられてきた。「負担軽減」なるウソを見抜いてもらいたい。住民にとっては負担倍増、いつまでも。海外での戦争準備に明け暮れる海兵隊に、私達はいつまで付き合わなければいけないのか。それに自衛隊がどんどん入ってきています。

 15時前にテントに戻ったら、来訪者が立て続け。この「合意20周年」を軸に説明しました。

◎夕方帰路に第2ゲート前に注目しました。昨日重機が入っていたからです。ゲートから奥で重機が動いていました。盛り土の作業中。何のためか。明日以降しっかりと確認したいと思います。

シマバナナと弾圧(16年12月2日)

 先日いただいたシマバナナが食べ時を迎えている。自重で一斉に幹から落ちてしまう。むろん本体から切ったものがです。さらに剥がれていく。慌てて食べないとアリに食べられてしまう。

 弾圧が続きます。全くありがたくないことですが、漸く敵の狙いがはっきりして来ました。また沖縄の闘いの中で、改めて弾圧の問題をしっかりと組み込んだ総括をしていかなければなりません。

 沖縄の2紙は沖縄特別行動委員会合意(96年12月2日)から20年の企画記事を掲載しています。この合意が何だったのかが問われています。さらに96年4月17日の「安保再定義」以降の米日政府の戦略的な転換が意味するもの。この水準と日本政府の、特に安倍政権の野望。

 このまま行けば、再び沖縄は、日米政府によって、喰われてしまう。「日本」も相当食われていますが、国民はまだまだ気づいていない。お互いに、後の祭りになる前に頑張りましょう。私たちが生きている限り、諦めず。

 シマバナナを食べられる喜び。地元産のものを食べられる喜びは、私は極めて大切なことだと考えています。

2016年12月 1日 (木)

ある写真家に対する「共謀」逮捕のデタラメぶり(16年12月1日)

 本日16年12月1日、11月16日に高江の「8月25日」の公務執行妨害+傷害の容疑で不当逮捕されたRさんの拘留理由開示公判が那覇地裁で開かれた。私は写真家の誼で行ってきた。実際「犯行現場」なるところで撮影していたことが、勝手に共謀とされては、たまらない。権力が「犯行現場」だと認定しようが、そこで何がおきているのかを記録するのが、報道写真家の使命である。権力はそこを承知しているからこそ、敢えて「共謀の上」として、つぶしにかかっているのだ。

 今日の公判でわかったことが多数ある。「8月25日」の現場での行為を公務執行妨害+傷害にするためには、確たる証拠がなければ成立しない。沖縄防衛局が当日やっていた公務とは如何なる公務をしていたのか。これに対していかなる有形力を行使したのか?防衛局職員の右肘に怪我を負わせたといい、彼も暴行を働いたというのだが、彼の暴行について何も具体的な釈明はなかった。職員の怪我と写真家の暴行に因果関係が見えてこない。

 写真家が今正に現場を撮っている時、突然共謀しますなんてことはありえない。写真家は撮ることこそが第一義であって、共謀しているばあいじゃないからだ。写真家が有形力を行使する、暴行を働き、傷害を負わせることは、およそ考えられない。カメラを両手でもっているからだ。もしも片手で殴るとすれば、カメラを破損させかねない。そんな野暮なことを写真家はやらない。足で蹴ったとすれば、その根拠をしめさなければならない。

 にもかかわらず警察・検察・裁判所がこれを認めるとすれば、よほどの立証がなされなければならない。このままでは、撮影者の表現の自由は完全に潰されてしまう。

 また、逃亡の惧れがあり、証拠隠滅の惧れがあるというが、何処に逃げるものか、証拠隠滅するものがあるか。

 また本件で逮捕されたものの内、2名が11月29日に保釈されている。処分保留だ。彼らが暴行を働いたかのように拘留理由書の中に書かれているが、何故彼らは処分保留になったのか。証拠がないからだろう。まして撮影目的で現場に居た彼を「共謀」に仕立てることには無理がありすぎる。

 論理的整合性のない推論だらけの文書で、拘留をよしとする判断を続けることは地裁の恥だろう。これは国による高江ヘリパッド建設に加担することにほかならない。

 この公判への傍聴希望者は50名近くおり、20名が傍聴した。ご本人もしっかりしていた。元気そうだった。

 因みに私は彼の画風(センス)と多くを異にしているし、ものの考え方も相当違うはずだ。しかし同じ写真家として上記の一線を譲ることはできない。

陸上部の工事が隠密裏に始まった(16年11月30)

2016年11月30日 曇 監視船(数未確認)、マリンセキュリティのゴムボート1隻

 昨日の大弾圧から1日たった。昨夜釈放されたT君が本日辺野古テントに戻ってくる。

 10時前に来た。やや、やせたかな。だが、元気。不当な拘留22日目での解放。本当に良かった。カヌーチームの仲間が、ぱらぱらとやってきて、彼を激励。

 彼は検事によって、処分保留になったのだが、起訴されなかったのは、完黙の結果。そもそもがでっち上げ逮捕だから、立証できるだけの証拠がなかった。完全黙秘こそが身を守る。

 辺野古テントのYさんが今日の昼食にカレーを振舞ってくれた。こういう心遣いは、嬉しい。本人は3杯も食べていた(私は2杯)。

 午後、やっとオキナワギクの撮影に出る。満開だ。降りて行きたいが、足の踏み場がないほどだ。

Imgp8527_1280x851

Imgp5992_1280x851

丁度いい光線が当たっている。15時8分。

Imgp5990_1280x851

日陰で。風で揺れてぶれている。

シュワブ内の動きとして、クレーン等の動きは見えなかった。

だが帰路、シュワブゲートの第2ゲートから出てきたトラック3台と遭遇。空身。内部に機材を搬入した後か、内部でフロート等の置き場を変更したのかもしれない。陸上部の工事が隠密裏に始まったとみるべきだろう。

夕刻から名護署前に抗議と保釈要求行動へ。

Imgp6025_1280x851
名護署前。抗議のシュプレヒコール。17時45分。

Imgp6034_1280x851_2
安保廃棄の歌。17時53分。

騒音源が来た。

Imgp6052_1280x851_2

ホントにうるさい! ガナリ立てる。1時間以上、名護署前を行ったり来たり。半径500mまで聞こえている。

Imgp6037_1280x851

警察署前をゆっくりと流しながら怒鳴る。18時21分。

それにしても挑発に乗る困ったさんがいる。私は気が気でない。挑発しても何の意味もないのだ。彼らと張り合っても、混乱するだけだ。彼らの思う壺にはまるな。

 

名護署前抗議行動に150名が参加(16年11月29日)

 既報の通り、16年11月29日、沖縄県警は新たに、16年1月のキャンプシュワブゲート前でのブロックを積んだり下ろしたりの行為に対して、今頃になって「威力業務妨害」だとして、新たに4名を不当逮捕した(1名は再々逮捕)。また高江では、道交法違反容疑で、1名が不当逮捕された。

 このうち、名護署には3名が留置されている。こうした弾圧に抗議し、即時釈放を求めるために、市民は14時過ぎから名護署前に集まった。また17時過ぎから再度集まった。150名余り。以下名護署前。

 Imgp5847_1280x851
Imgp5848_1280x851

入り口脇で。立つのは福岡県警機動隊。

Imgp5853_851x1280

「今こそ立ち上がろう」を熱唱するヤスさん。

Imgp5858_1280x851

宮古島からも親子連れがきていた。

Imgp5864_1280x851

目取真さんは、やんばるに生きる者の生活が掛かっているからやらざるを得ないのだと、舌鋒鋭かった。

Imgp5871_1280x851


Imgp5875_1280x851

Tさんも歌で仲間を激励。

Imgp5882_1280x851

接見に入った人を速やかに入れろと抗議。

Imgp5896_1280x851

彫刻家の金城実さんもきていた。不当弾圧を許すなと。歌も交えて。

Imgp5905_1280x851

中からは性懲りもなく違法な撮影中。抗議。

Imgp5931_851x1280

川口真由美さん。いつもよりさらに力強く歌う。

Imgp5967_1280x851

朗報が入ってきた。「8月25日」の件で11月4日に逮捕されていた2名が解放されたと。やった!那覇署、与那原署からでたので、これからつれてくると。

私も電話でこの情報を確認できた。良かった!

Imgp5980_1280x851
名護署。2階の窓(ミラーのあたり)から手を振るシルエットがみえた。市民の激励の声は届いているのだ。

私は「明日会える」と思い、彼らの到着を待たずに19時頃帰宅した。












 

2016年11月30日 (水)

猫と警官(16年11月29日)-テント2

Imgp8468_1280x851
 主役は猫。不当極まりない家宅捜索中の1シーン。ちょっと視線を外したら、これだよ。猫は警察なんて知らないよ。自然体でやっている。因みにこの警官は猫を見ていないようだ。道路外の人人を見張っている。このいきちがいが、おもしろいね。

 しかし現実問題、ここに基地が出来たら猫も犬も人間も住めなくなるだろう。みんなの力で勝手なことはさせない。

 弾圧されても、楽しむ余裕が必要だ。想像力を失ったらおしまいだ。

ヘリ基地反対協議会(テント2等)等への家宅捜索と令状逮捕

 2016年11月29日。気持ちいい晴天。朝8時、私は久しぶりに辺野古漁港内で県警公安部が乗ったレンタカーを見かけた。「やはり工事再開の下見に来たか?」と思ったのだ。

 8時過ぎ、電話が鳴った。高江で2名が逮捕されたと。1名は令状逮捕。他は関西から来ていた人で、道交法だと。8時15分過ぎ、「警察が来ているよ」、「家宅捜索だ」との声が飛んだ。私達はテントからテント2(プレハブ)に走った。

Imgp5722_1280x851
プレハブに着くといるわいるわ。警察官約20名。家宅捜索だ。8時18分。

Imgp5736_1280x851

県警刑事課が捜索令状を示し説明。8時21分。

容疑罪名は、威力業務妨害。シュワブゲート前でのことらしいが、詳細は分からない。どうも先に別件で逮捕されているYさんの再逮捕と、3名、計4名に令状が出ているようだ。

私が捜索後原状に復帰しろと指摘した。きちんと監視しないと、ガチャガチャにされてしまうことがあるからだ。捜査員は了解と。

Imgp5748_1280x851
プレハブに上がり中を点検していく警察官。8時27分。

古いビデオカメラが出てきたが、電源をどう入れるのかと聞いてきた。ここだけど、これは2年以上使っていないよ。私達はこれまでみたことなかったよ。全く動かない。

Imgp5751_1280x851

捜査員の車。左が最初に漁港内でみかけたもの。レンタカー。8時29分。

Imgp5754_1280x851_2

こちらの撮影を妨害しようと立ちはだかる機動隊。捜索令状があるからと撮影を違法行為にできるわけがない。8時31分。

Imgp5756_1280x851
急を聞きつけて駆けつけてくれた人達を規制する機動隊。8時49分。

Imgp5761_1280x851
プレハブを終わり、シャワー室、トイレ。「何もないよ」。9時。

物置小屋を見て、もうひとつのプレハブ。

Imgp5782_1280x851
手前の彼が私の撮影をしきりに妨害してくる。邪魔!バスケットをやろうか?あっちをむいてしまった。9時40分。

Imgp5788_1280x851

ゲート前のテントを捜索していた連中が降りてきた。なにやら打ち合わせ。9時45分。

Imgp5800_1280x851

ここは棚がつられており物が多いためか、時間がかかる。それにしても威力業務妨害を裏付けるようなものがあるわけがない。9時49分。

Imgp5809_851x1280
ラストのテント内。犬たちも呆れて、寝込む。10時1分。

Imgp5816_1280x851

応援の捜査員が加わり約30名。わさわさだ。10時6分。

Imgp5826_1280x851
捜査は終わったようだ。押収品目はなし。当たり前だ。そもそも嫌がらせのためにきているようだった。10時13分。

次はヘリ基地反対協議会の事務所を捜索すると。

Imgp5837_1280x851

道路側から撮影。捜査員の車両で溢れた。10時17分。

Imgp8518_1280x851
応援できた捜査員。サングラスに携帯電話。感じ悪い!10時28分。

全部で2時間余りの捜索だったが、警察は何も押収できなかった。今回の特徴は①徹底的な証拠資料の捜索ではなかった。見ましたよ。②携帯電話で何回も打ち合わせしながらやっていた。極めて組織的な弾圧だ。

 新聞社やテレビからの取材が入る。しかし一体何に対する弾圧かが分からない。警察は威力業務妨害というが、いつ、どこでのことなのか。被疑者の名前も分からない。総じて把握した上でお答えします。

 家宅捜索は、ここテント2、ゲート前テント、ヘリ基地反対協議会事務所、平和運動センター事務所(那覇市内)、個人宅3箇所の計7箇所(11月30日の新聞報道では「8箇所」とあり、要確認)。前の3箇所での押収物はなかった。

 令状逮捕はYさんが再々逮捕。地元の彼、名護市内の彼らの計4名。高江での道交法で捕まった人は全くの別件だった。

 そんなわけで、私はオキナワギクの撮影どころじゃなくなった。不愉快千万。

 権力は高江の工事を年内に終わらせようと力み、次の辺野古にターゲットを絞ってきた。今回の弾圧は先制攻撃だろう。絶対に許さない。自信と勇気と、希望をもって新基地建設を止めていこう。私達は負けない。

 私達はお昼過ぎにかけて名護市街に出た。テントに戻ったら、来訪者が多く居た。スタッフはいつもと変わらぬ対応に追われていた。皆冷静だ。


«昨日「辺野古再開の予兆」と書いたが、来たぞ!(16年11月29日)